« いま、抗暴のときに | トップページ | 二百十日 »

2006年8月16日 (水)

従軍日誌 イラク戦争・兵士と過ごした36日

国連を無視し、独善的にイラクへ「侵略」した米軍。その最精鋭の第三師団第二旅団の自走砲部隊に同行取材した貴重な体験が、日記形式で綴られます。
客観的に見た個々の米兵の姿と行動に関する記述は良しとします。第三者としての素直な感想と「最初の使命感」も評価に値します。が、「進軍」が進むにつれて米軍の行動に関する客観的な記述が薄れ、イラク軍を「敵」と明記するなど、「正義の米軍、ヨイショ」的な記述が目に付くようになります。
きれい事を書いてはいても、やっぱり"情"が入るんでしょうね。
あと、下士官と兵卒、部隊司令官と前線指揮官の記述がゴチャゴチャです。なんだかなぁ……。

従軍日誌 イラク戦争・兵士と過ごした36日
著者:今泉浩美、日本テレビ放送網・2003年7月発行
2006年8月14日読了

« いま、抗暴のときに | トップページ | 二百十日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 従軍日誌 イラク戦争・兵士と過ごした36日:

« いま、抗暴のときに | トップページ | 二百十日 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ