« アメリカのグローバル化戦略 | トップページ | 貧乏クジ世代 »

2006年9月10日 (日)

シリウスへの道

著者には珍しく勧善懲悪ありの企業ミステリー。

13歳。多感な年代の仲良し3人組の25年後。大手広告代理店に勤める営業マンの主人公、大手電機メーカ御曹司と結婚した元アイドル歌手、そして「主人公と性格が似ている様は、まるで二連星のシリウスのよう」と揶揄された「勝哉」……。
世には明るい話題なく、大手都銀による貸し剥がし、大手製造業による中小企業いじめ等を背景に、中島みゆき「地上の星」が登場します。

キーワードは「思い出、覚悟を決めた青年」そして「潔さ」でしょうか。

著者はかつて大手広告代理店に勤務していただけあって、勤務先の描写がリアルです。また、著者躍進の作品となった「テロリストのパラソル」のキーパーソンも登場し、思わずニヤリとさせられます。

シリウスへの道
著者:藤原伊織、文藝春秋・2005年6月発行
2006年9月10日読了

« アメリカのグローバル化戦略 | トップページ | 貧乏クジ世代 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリウスへの道:

« アメリカのグローバル化戦略 | トップページ | 貧乏クジ世代 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ