« 広島平和記念資料館 | トップページ | 二十世紀のパリ »

2007年1月21日 (日)

瀕死のライオン

防衛省直属の特殊作戦群、そして内閣情報調査室の想像を絶する日常。
総理大臣の孤独な戦いと"決断"。孤軍奮闘する自衛官の壮絶な最後。

北朝鮮による「日本隷属化計画」の全貌が明らかになる。この辺りまで読み進むと、日本政府が巨額の税金を投じて進めるミサイル防衛計画も、日米安全保障条約も、ある条件下では無意味になることがはっきりする。
いかに政治が重要であるか。
結局、BMDはアメリカにこそメリットがある、そう言うことか。

北朝鮮の<組長>。彼もまた分断国家の被害者だ。タイトルに込められた意味からすれば、彼こそ真の主人公なのかもしれない。
それにしてもどこまでが現実で、どこまでが虚構なのか……。
結局、すべては「米国の掌の上」。それが現実であり、悲しい。

瀕死のライオン(上)
著者:麻生幾、幻冬舎、2006年7月発行
2007年1月10日読了

瀕死のライオン(下)
著者:麻生幾、幻冬舎、2006年7月発行
2007年1月19日読了

« 広島平和記念資料館 | トップページ | 二十世紀のパリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/13600509

この記事へのトラックバック一覧です: 瀕死のライオン:

« 広島平和記念資料館 | トップページ | 二十世紀のパリ »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ