« 帝国 | トップページ | 胡錦濤の反日行動計画 »

2007年9月 9日 (日)

月のしずく

中年男の哀愁を赤裸々に描く表題作から「浅田次郎世界」に招き入れられた。初めての「彼」から離れられない妻と夫の長年の苦悩と解放劇、自分を捨てた母の最後の言葉がトラウマとなり、その後の人生を束縛されてきた女、生活を打破すべく据えた新たな志と、愛すべき女との狭間に揺れる青年心理など、生きることの切なさが光る七遍。
個人的には「ピエタ」が強く印象に残った。
北京、パリ、ローマ、戦後東京の下町、と舞台も多彩。数年後に読み返したい一冊となった。

月のしずく
著者:浅田次郎、文藝春秋・1997年10月発行
2007年9月7日読了

« 帝国 | トップページ | 胡錦濤の反日行動計画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月のしずく:

« 帝国 | トップページ | 胡錦濤の反日行動計画 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ