« 地獄変 | トップページ | BMW E46-320 エンジン警告灯がぁ! »

2008年3月 9日 (日)

ムンク展 兵庫県立美術館

エドヴァルド・ムンク展の鑑賞に兵庫県立美術館へ行ってきた。(2008年3月8日)
隣接する"なぎさ公園"と一体をなす美術館それ自体が芸術作品でもあり、カメラに収める人が後を絶たない。

さて、ムンク展。あの「叫び」はなかったが、同作品と同じテーマと思われる「不安」、「絶望」を鑑賞できた。これらは「生命のフリーズ」なる連作の一群であり、ムンクは「声/夏の夜」、「女性/スフィンクス」等の個々の作品でなく、作品群をどのように展示することが新しい芸術に繋がるかを思惑していたようだ。しかし、82歳の死後、遺言で全作品を故郷のオスロ市に寄贈するとは、ある意味すごい。
個人的には「生命のダンス」が気に入った。複製画(B4サイズ250円:笑)も買っておいた。

« 地獄変 | トップページ | BMW E46-320 エンジン警告灯がぁ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/40442316

この記事へのトラックバック一覧です: ムンク展 兵庫県立美術館:

« 地獄変 | トップページ | BMW E46-320 エンジン警告灯がぁ! »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ