« チベット暴動、中国共産党の暴政への反発 | トップページ | 警察官は法を犯しても、すぐには逮捕されないのか? 自衛官もしかり »

2008年3月23日 (日)

からくり民主主義

「政府は国民の声に耳を傾けるべきだ」、「国民の声をないがしろにした与党の対応は許し難い」等々、テレビの"ニュースショー"や国会討論等では時折、"国民の声"なるものがキャスターや政治家によって口にされる。
この、言わば"最大公約数"的な漠然としたものは、いっぽうでは"世論"ともされる。

「国民の声」ってのは、いったい誰の声だ?(帯より)

世論、世間、あるいは「みんなの意見」なる漠然とした雰囲気に流されて毎日を送る我々。その正体を追求したのが本書だ。
簡潔に言えば「マスコミに都合の良い意見」が、その時々の「国民の声」になる。そう言うことか。

若狭湾の原子力発電所、沖縄の米軍基地、九州・諫早湾干拓地問題では、マスコミは反対派と賛成派とに分類し、特に「権力に蹂躙される地元住民の意見」なるものをクローズアップする。実際に足を踏み入れた著者によれば、地元住民の意見とは「余所から乗り込んできた活動家の意見」であり、反対派も「裏では賛成」の場合が多い。全員賛成では見返りが得られず、一部の仮面を被った反対派の存在が、地域に莫大な利益を誘導する構図があぶり出される。

「テレビの至上命題は…(略)…CMという四角い看板を茶の間で見せるのが本当の目的なのだから」か、なるほど。

からくり民主主義
著者:高橋秀実、草思社・2002年6月発行
2008年3月4日読了

« チベット暴動、中国共産党の暴政への反発 | トップページ | 警察官は法を犯しても、すぐには逮捕されないのか? 自衛官もしかり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/40607806

この記事へのトラックバック一覧です: からくり民主主義:

« チベット暴動、中国共産党の暴政への反発 | トップページ | 警察官は法を犯しても、すぐには逮捕されないのか? 自衛官もしかり »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ