« ヨーロッパとイスラーム世界 | トップページ | 名古屋ドームとベルギー麦酒 »

2008年8月23日 (土)

ウェブ進化論

1990年代後半に盛り上がったIT(情報技術)ではない。
本書はI、インターネットとチープ革命、そしてオープンソースが引き起こす「情報」そのものに関する革命的変化を解説する。特に、物理的なインフラを含め、ネットの「あちら側」に基軸をおいた革新的な企業、グーグルの哲学とその戦略には、本書を読んで舌を巻いた。
「世界中の情報を組織化し、誰からでもアクセス可能にする」ことを実現するため、30万台ものコンピュータシステムを自製し、ネットのあちら側に全ての情報を蓄積し、広告料だけで運営する。そして、ユーザはすべての機能を無料で利用できる。社内のすべての情報が開示された環境で、複数の博士号集団による絶え間ない開発と競争が行われる世界。人間を介在させず、すべてをコンピュータが処理するシステムを目指すテクノロジー集団。
ヤフーや楽天でさえ時代遅れであるような印象を抱く。
「パソコンに情報を記録する」行為すら時代遅れになるのも、すぐ目の前か!

それにしても、この世界の加速はすさまじい。
ブログ、ソーシャルネットワーク……WEB2.0。ウィキペディア、ユーチューブの登場と発展でさえ、もはや驚かなくなってしまった。

そして、総表現社会。何かを表現したいアーティスト予備軍には、無限の可能性が開かれているわけだ。
でも、そんな予備軍も無限に増殖する。ケータ小説のように、同じようなコンテンツとその表現者が無数に存在するわけだから、抜きん出るにはよほどの才能が必要だ。やはり"研ぎ澄まされた感性"と容易にまねのできないアナログ"な"熟練技術"がクローズアップされるんだろうな。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
著者:梅田望夫、ちくま新書・2006年2月発行
2008年8月20日読了

« ヨーロッパとイスラーム世界 | トップページ | 名古屋ドームとベルギー麦酒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/42250372

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ進化論:

» 『ベロニカは死ぬことにした』の巨乳オナ [『ベロニカは死ぬことにした』の巨乳オナ]
真木よう子のヌード動画と言えば、『ベロニカは死ぬことにした 』のセクシーシーンのことで間違いありません。 [続きを読む]

« ヨーロッパとイスラーム世界 | トップページ | 名古屋ドームとベルギー麦酒 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ