« 国家の品格 | トップページ | 藪の中 »

2008年10月12日 (日)

夢十夜

本作は小説というより、短いファンタジーのオムニバス。こころや虞美人草に代表される長編とはかなり印象が異なる。

第三夜が秀逸だ。
「左を見るとさっきの森が、闇の影を、高い空から自分らの頭の上へ投げかけていた」
背中におぶった我が子が自分の過去だけでなく、これから起こることも予言するかの口をきく。小雨の中の街道で、瞬時に百年前の自らの行為を理解する。小泉八雲、河竹黙阿弥等、日本の伝統文学に散見される因果応報の盲人殺しの物語。

それにしても、イギリスの絵画とキリスト教の伝承(第十夜)、過去の時代の人物との同居(第六夜)、神代の頃の自分の記憶の回想(第五夜)等、これだけバラエティに富んだ話をひとつの作品にまとめる辺り、これもひとつの才能か。

夢十夜 漱石全集第十二巻所収
著者:夏目金之助、岩波書店・1994年12月発行
2008年10月12日読了

« 国家の品格 | トップページ | 藪の中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/42766636

この記事へのトラックバック一覧です: 夢十夜:

« 国家の品格 | トップページ | 藪の中 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ