« 高橋留美子展~ It's a Rumic World~ 大丸ミュージアムKOBE | トップページ | 古代カルタゴとローマ展 京都文化博物館 »

2010年3月29日 (月)

アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 美術館「えき」KYOTO

19世紀末のヴィーン・セセッションに、鉄骨直線文明に反旗を翻すパリ・アール・ヌーヴォー。20世紀初頭の生活文化と芸術の融合が顕わなポスターが、遠くチェコの博物館から大量に輸送されてきたそうな。
ベル・エポックの香り。これは行かねばならない。(2010年3月27日)

神戸から京都まで、JR西日本の新快速で約一時間。遠いなぁ。
遠いけど、行った甲斐がありました。

歴代の分離派展ポスターのいくつかは、いま観ても刮目させられる。当時は極めて斬新だったんだろうな。

お気に入りの1枚は……1905年の「リエージュ万国博覧会」ポスターだな。ベルギー王国の特徴を随所にあしらい、女性の肩から腰にかけての服飾デザインが秀逸だ。ミュシャやロートレックに比べると扱いは地味だが、それでも気に入った。。

旅行会社のポスターは、20世紀に入っての大衆社会へのレジャーの浸透が感じられる。1927年の「寝台特急北極星号」のポストカードを購入したぞ。

物販ポスターや雑誌表紙も、当時の風俗が感じられて面白い。

KIRIN ~美の巨人たち~で2010年2月に放映されたアルフォンス・ミュシャの「ジスモンダ」も展示されていた! 現物を観ることができて最高だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/100206/

なるほど、当時の設備では縦長ポスター原版1枚ものの印刷が難しく、2枚を重ねていたんだなぁ。
ミュシャの作品では、同じサラ・ベルナールを描いた「ハムレット」が僕は大好きなんですが、レプリカ、手に入らないかなぁ?

LIFE WITH POSTERS 1890-1920
LIFE art nouveau
チェコ国立プラハ工芸美術館、チェコ国立モラヴィア・ギャラリー所蔵
アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 ~クリムト・ミュシャ・ロートレックなど~
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.html
http://www.kyotodeasobo.com/art/exhibitions/poster-of-art-nouveau/
2010年3月28日まで!(って、終わりか。)

« 高橋留美子展~ It's a Rumic World~ 大丸ミュージアムKOBE | トップページ | 古代カルタゴとローマ展 京都文化博物館 »

コメント

はじめまして、Art Dining Tokyoと申します。Blog拝見致しまして、ご参考になればと思いコメント致しました。当方ではミュシャの復刻盤ミニチュアアート(A3版)の開発と、オリジナル作品のお取り扱いもしております。中でも『ハムレット』と『ロレンザッチオ』に関しましては当時のオリジナル作品を取り扱っています。また、ご希望などございましたら、『ハムレット』を始め、ご希望のミュシャ作品の復刻版の製作も承っております。詳しくは弊社Webをご覧いただければと思います。⇒http://artdining.p-kit.com/
※(お問い合わせまでお願いいたします)

ご興味の際はお気軽にご相談下さい。
 
Art Dining Tokyo 鈴木勇人

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/47946085

この記事へのトラックバック一覧です: アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 美術館「えき」KYOTO:

« 高橋留美子展~ It's a Rumic World~ 大丸ミュージアムKOBE | トップページ | 古代カルタゴとローマ展 京都文化博物館 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ