« NHKは公共放送の看板を自ら下ろせ! | トップページ | バーナビー・ラッジ »

2010年8月13日 (金)

帝国主義の時代

現代を生きる日本人にとって、19世紀から20世紀初頭にかけての帝国主義時代の持つ意味は何か。
明治憲法制定、日清・日露戦争の過程を経て、幕末以来の不平等条約の是正に至った経緯こそ重要である、と著者は記す。さらに言えば、冷戦後20年を経て大陸中国と力関係が逆転した現代においてこそ、当時の中国大陸を巡る列強との力関係の遷移を再確認する意義があると思う。

著者によれば、本書のテーマは「歴史における大衆の意識の変化」であり、それが不倒に見える列強帝国主義を解体に追いやる原動力であると説く。ロシア革命や共産主義が必要以上に賞賛されるのは、本書の出版された時代=1969年を考慮すると仕方のないことか。
で、もう一つ。西欧列強を利用しつつ、されつつ肥大化した極東の新興国家=日本が、第一次世界大戦後の帝国主義の終焉期に「利用価値の消失」を理由に圧迫を受けたことが、本書の主眼に置かれていると想う。

[主役に躍り出た大衆運動が帝国主義を揺るがす]

旧来の大陸型帝国と異なり、西欧の帝国主義は植民地の住民にあらゆる犠牲を強いるとともに、自国の中間層=資本層を取り入れることで体制を維持してきた。
資本層が保守化し、さらに帝国主義の一翼を担うようになると、革命の主役は大衆の側に移る。
それまでの知識人、資本階級による反権力闘争と異なり、パリ・コミューン、義和団事変に代表される大衆の運動が、民衆自身の権利意識の変化と呼応して生まれてきたことの重要性が説かれる。ロシア革命へと繋がる潮流が、ロシア帝国とドイツ帝国を崩壊に導き、時代を経て大英帝国の緩やかな解体へと繋がってゆく。

それにしても、本質的な社会主義を是とする第二インターナショナルが、持てる先進国の「社会民主主義」の影響下で植民地主義と個別国家の防衛を肯定したことで自ら崩壊し、第一次世界大戦を防ぐ力になれなかったことは、これは現代世界の先進国の住民とその他の貧困国の住民との意識の隔絶に直結しているようで、実に興味深い。

[大日本帝国。孤立する極東の帝国主義]

普仏戦争後もオーストリア、イタリアと組み、フランスを囲い込んだプロシア=ドイツ。その執拗な戦略がフランスを追い詰め、ロシアとの軍事同盟に至らしめたが、これが遠く日本に影響を及ぼすことになるとは知らなかった。
日清戦争後の三国干渉など、露仏同盟に挟まれたドイツが、状況の打開に向けた策略だったことがわかる。無論、極東の辺境国の利害などは無視だ。さらにロシアの関心を極東に向けさせるため、日英同盟の締結に一肌脱いだのもドイツだったのか。
日清、日露戦争期に西欧列強の体制維持のために日本が利用されてきたことが分かる。

第一次世界大戦の終了が、大日本帝国の膨張と躍進に制約を課す。
日英同盟を口実に参戦した日本が、西欧の目には「調子に乗っている」と映ったようだ。
帝国主義体制の再編成において英米から突き放された日本は、ますます中国にのめり込むようになる。これが米国との対立の決定的な要素となり、日中戦争、ひいいては太平洋戦争へと繋がってゆく。
ヴェルサイユ体制がドイツにとっての足かせなら、ワシントン体制こそは日本にとっての悪夢だろう。

第一次世界大戦後、イギリス帝国主義にとって日本の価値が"消失"(低下ではない)したことは、そのまま、冷戦終了後のアメリカにとっての日本の姿と重複する。沖縄から海兵隊を引き上げようとしたアメリカに「引き続き駐留するよう」懇願したのは、他ならぬ日本政府だ。かつて強大なロシアに対抗するためにイギリスを必要としたように、年々肥大化する中国に現代日本が対抗するには、アメリカに頼るほかに術はない。
それなのに、あのふざまな辺野古基地騒動だ。鳩山前首相と民主党の汚点はいつまでも歴史に残るな。

西欧帝国主義を利用しつつ急成長し、最後にババを引かされた1920年代の日本の姿が痛々しい。そして米中のはざまで漂流する現代日本に、まるで危機意識のないことに絶望すら感じる苦い読後感を得た。

帝国主義の時代
著者:江口朴郎、岩波書店・1969年2月発行
2010年8月8日読了

« NHKは公共放送の看板を自ら下ろせ! | トップページ | バーナビー・ラッジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/49139046

この記事へのトラックバック一覧です: 帝国主義の時代:

« NHKは公共放送の看板を自ら下ろせ! | トップページ | バーナビー・ラッジ »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ