« 技術からみた人類の歴史 山田慶兒 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 »

2010年11月 5日 (金)

名誉の戦場 ジャン・ルオー

1950年代の平和なフランス西部・ロワール地方の雨の思い出。"ボコボコ号"と名付けられた2CVの不確かな走り。祖父の愛車。頑なにカソリック信仰と伝統にこだわる"おばちゃん"。ナチスの重圧から解放され、高度成長を満喫する西欧のありふれた農村の光景だ。

家族の何気ない日常が積み重なり、見えてきた過去の忌まわしい出来事。
何もかも一変させた世界大戦。ベル・エポックの終焉。
塹壕、蔓延する病気、銃創、戦車。空爆はまだない。ヴェルダンの泥に埋もれる遺体、アルザスの水溜まりで腐乱する呼吸を停止した戦友。
そして、毒ガス。
祖父と"おばちゃん"の戦死した兄弟二人。その壮絶な最後。

戦死通知から12年を経て明らかにされた埋葬場所。「ささやかな生存の望み」の絶たれた現実は、妻を打ちのめす。
「期待を終わらせるこの最後の一線に、閉じようとする扉に涙を流したのだ」(281頁)

一人称"ぼく"が作中に出ることのない、仮想現実を活写したような文章。流麗に綴られる自伝的な物語が秀逸だ。

LES CHAMPS D'HONNEUR
名誉の戦場
池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 Ⅰ-10所収
著者:ジャン・ルオー、北代美和子(訳)、河出書房新社・2008年11月発行
2010年11月4日読了

« 技術からみた人類の歴史 山田慶兒 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/49942640

この記事へのトラックバック一覧です: 名誉の戦場 ジャン・ルオー:

« 技術からみた人類の歴史 山田慶兒 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ