« 天に星、地に花、人に愛。BMWにウォークマン | トップページ | 外地探偵小説集 上海篇 藤田知浩 »

2011年5月15日 (日)

戦争と現代1「新しい戦争の時代」と日本

帝国主義。19世紀から20世紀初頭にかけて世界を席巻した西欧列強と日本の勢力圏拡大政策であるそれは、二度の世界大戦を経て消失したのではない。冷戦期にも姿かたちを変えて存続し、21世紀の現在ではさらに拡大されて地球上の政治・軍事・経済を席巻するに至った。
本書ではその構図と実態が明確にされ、その上で、他と隔絶した軍事力を保有するアメリカの政策と今後の世界の推移が論じられる。

大英帝国の真の後継者がアメリカであるとの認識を新たにした。
「アメリカの強攻政策は、政権が変わろうとこれからも続く」との記載がある。これも納得だ。

アメリカ帝国を盟主とし、EUと日本、さらにロシアと中国が加わった帝国主義勢力。これがグローバル経済と呼ばれる現代世界の姿だ。各国の軍事力は、国家間の紛争に備えるとの役割を終え、帝国全体の利益擁護のための体制に移行しつつある。

日本の防衛力も、アメリカの対ソ戦略のニーズに応じたものだったが、冷戦後はアメリカ帝国・グローバル経済体制維持のための体制に再編された。1990年代以降の政治改革、政界再編、構造改革、規制緩和、国際貢献……。日本の軍拡は既定路線だったんだな。

"おおすみ"級輸送艦には神戸港に停泊中に乗艦したことがある。なるほど、陸上自衛隊員普通科と戦闘車両の運搬に適した艦艇だ。東日本大震災でも、搭載するホバークラフトが大活躍した。
これを試金石として、"ひゅうが"級および"いせ"級DDHが竣工した。さらに計画中の新型DDHは満載排水量20,000トン越の大型艦であり、将来の固定翼機=F-35海兵隊仕様機の運用を前提にしているとしか思えない。


自由と民主主義と市場経済。それは"アメリカの自由"と"アメリカ式民主主義"であり、"アメリカにとって有利な経済体制"だ。"抵抗勢力"(どこかでよく聞いた言葉だ)はぶっ潰される。悲しいが、今後もこの事実を受容して、日本は動くしかないってことだな。

冷戦後に世界を揺るがす大事件が多発するようになったのは、偶然ではない。911同時多発テロ"作戦"、近年の大規模な地震"作戦"、今回のビンラディン殺害"作戦"に関し、よく"アメリカの陰謀"論をネット上で見かけるが、なんのことはない。現代帝国主義政策の一環として、アメリカ帝国が当然のことを遂行している。ただ、それだけのことだ。


2011年5月2日、計画的かつ電撃的に遂行されたウサマ・ビン・ラディン"殺害"作戦。その真偽はともかく、本作戦は友好国であるはずのパキスタン政府・軍へ連絡することなく強行された、前代未聞の出来事だ。
ホワイトハウスの発表によると、作戦に使用されたヘリコプターは、パキスタン軍のレーダーに関知されないステルス・タイプとのこと。(この新兵器、実戦への投入は初めてでは?)テロ組織へのISIの関与も把握しているし、パキスタンへの不信は明白だ。

パキスタン国に対する主権侵害は明らか。だがパキスタンにできることは、ただ抗議だけだ。国際社会も事実上、何もできない。理由は簡単。米国に対抗できる力を有する勢力が存在しないから。それだけのこと。

で、本書を読了しての、今後の予想を書いてみよう。
対テロ戦争の大義名分が薄れたいま、パキスタンを支援する必要はない。そもそもパキスタンは、すでに帝国主義体制に組み込まれたインドの敵対国であり、グローバル市場の維持・発展を妨害しかねない準軍事国家である。
ホメイニのイランに対抗するために支援したイラクを、手のひらを返すように葬り去ったのがアメリカだ。よって早晩、パキスタンはアメリカの軍事介入を受けるに違いない。

講座 戦争と現代1
「新しい戦争の時代」と日本
編著者:渡辺治、後藤道夫、大月書店・2003年11月発行
2011年5月14日読了

« 天に星、地に花、人に愛。BMWにウォークマン | トップページ | 外地探偵小説集 上海篇 藤田知浩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/51675066

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争と現代1「新しい戦争の時代」と日本:

« 天に星、地に花、人に愛。BMWにウォークマン | トップページ | 外地探偵小説集 上海篇 藤田知浩 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ