« 路上 芥川龍之介 | トップページ | アール・デコの建築 NHK美の壺 »

2011年8月15日 (月)

妖婆 芥川龍之介

出版社の若旦那である新蔵が、恋仲となった奉公人の"お敏"の雲隠れについて、友人に一部始終を語って話す、隅田川に巣くう蟇蛙の妖力を題材にしたポーばりの奇譚だ。

大正11年頃の本所区(墨田区)両国を舞台に、一杯飲み屋をハシゴする大店の若旦那衆、妾と魔女の獲得をもくろむ株屋、着物姿の若い女性の描写が秀逸だ。疾走する市電と人力車、活動写真の広告、街燈などが大正の都市の雰囲気を良く表している。

概ね不吉な"不思議な話"の連続だが、ラストの"朝顔"だけは読む者に安心を得させる逸話だ。

「大凶結構。男が一度惚れたからにや、身を果たす位は朝飯前です。火難、剣難、水難があってこそ、惚れ栄えもあるとお思ひなさい」(p112)とは、新蔵が妖婆に向かって言い放つ言葉。うむ、男子の本懐ですな。

妖婆 芥川龍之介全集第五巻所収
著者:芥川龍之介、岩波書店・1996年3月発行
2011年8月14日読了

« 路上 芥川龍之介 | トップページ | アール・デコの建築 NHK美の壺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/52481844

この記事へのトラックバック一覧です: 妖婆 芥川龍之介:

« 路上 芥川龍之介 | トップページ | アール・デコの建築 NHK美の壺 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ