« 『麗しき女性の美』展鑑賞記(姫路市立美術館) | トップページ | 大仏破壊 バーミヤン遺跡はなぜ破壊されたのか 高木徹[読書記] »

2012年4月25日 (水)

東ヨーロッパ絵画展鑑賞記(大丸神戸店)

ハンガリーの画家、カポイの「収穫の日」がお気に入りだ。初秋、村人総出で農作物を大量に収穫する、幸せあふれる楽しげな作品だ。人物ひとりひとりの表情が良い。……30万円か。う~む。

本展の看板作家はチェコのレタック氏。その代表作「ヴルタヴァ・夜明け」のお値段は、実に294万円。こんなのをポンと買える身分になりたいものだ。

第33回東ヨーロッパ絵画展-伝統と浪漫の香り-
2012年5月1日まで開催

大丸神戸店7階 美術画廊
http://www.daimaru.co.jp/kobe/

« 『麗しき女性の美』展鑑賞記(姫路市立美術館) | トップページ | 大仏破壊 バーミヤン遺跡はなぜ破壊されたのか 高木徹[読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/54558944

この記事へのトラックバック一覧です: 東ヨーロッパ絵画展鑑賞記(大丸神戸店):

« 『麗しき女性の美』展鑑賞記(姫路市立美術館) | トップページ | 大仏破壊 バーミヤン遺跡はなぜ破壊されたのか 高木徹[読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ