« イラン映画『別離』鑑賞記 元町映画館 | トップページ | KOBE de 清盛 2012大輪田泊会場『歴史館』訪問記 »

2012年5月28日 (月)

芸術回帰論 港千尋 [読書記]

ポスト情報化時代の模索が始まっている。イメージと資本が加速度的に世界の姿を塗り替えてゆく中で、人の「手」によるアマチュア的創造が、生産的消費生活が、生きることの喜びを担保するであろう、そんな時代が見えてくる。
キーワードはいくつもあげられるが、たとえばテレコミュニーケーション技術の深化の果てにもたらされるコトが"近接性、あるいは生活圏の再発見"であろうことは、なるほどと思わせてくれる。

「破壊しつくされた世界の中で、もし芸術という言葉が発せられたなら、それはなによりも『創造する手』としての芸術、人間の原点としてのアートであろう」(p208)
何もないところから、モノをつくる。感性の価値が問われる時代が見えてくるな。

芸術回帰論 イメージは世界をつなぐ
著者:港千尋、平凡社・2012年5月発行
2012年5月28日読了

« イラン映画『別離』鑑賞記 元町映画館 | トップページ | KOBE de 清盛 2012大輪田泊会場『歴史館』訪問記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/54823418

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術回帰論 港千尋 [読書記]:

« イラン映画『別離』鑑賞記 元町映画館 | トップページ | KOBE de 清盛 2012大輪田泊会場『歴史館』訪問記 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ