« 『佐伯祐三とパリ ポスターのある街角』展鑑賞記(心斎橋展示室) | トップページ | 『ザ・タワー 都市と塔のものがたり』展鑑賞記(大阪歴史博物館) »

2012年6月30日 (土)

事情のある国の切手ほど面白い 内藤陽介 [読書記]

通貨と郵便物にその国の統治者の意志が顕れる。特に万国郵便法のもとで流通に国境のない切手はプロパガンダに適する手段であることを、本書は現代の様々な事例を通して示してくれる。

・イラン・イスラム共和国の宗教政治の複雑さ、長らく中東・アラブ世界の金融・貿易センターであったベイルートに代わり「中世から近代への急変」を遂げたUAE・ドバイのバブル景気とその崩壊、ハイチ大地震に対するフランス、アメリカ、カナダの「援助合戦」の裏側、ベネズエラ・ボリバル共和国の社会主義の夢と現実、ニュージーランドの展開する偽善的反捕鯨運動、中共への朝貢外交へ走るタイ、デタラメ公務員天国ギリシャ、などなど。

・1999年のクーデターでパキスタン・イスラム共和国の政治権力を掌握したムシャラフ陸軍参謀長の、報道されることのない誠実な姿勢には共感した。後継大統領の"ミスター10%"ザルダーリー氏の醜悪さを見れば、事実上ロンドンで亡命生活を送るムシャラフ氏を応援したくなる。

・途上国で跋扈する"切手エージェント"のことは本書で初めて知った。

悲しいかな、戦後日本の世界への影響力は彼方に去り、世界第二位の経済力を誇る中共の存在感は、切手の世界でも肥大化しているのか……。

事情のある国の切手ほど面白い
著者:内藤陽介、メディアファクトリー・2010年8月発行
2012年6月30日読了

« 『佐伯祐三とパリ ポスターのある街角』展鑑賞記(心斎橋展示室) | トップページ | 『ザ・タワー 都市と塔のものがたり』展鑑賞記(大阪歴史博物館) »

コメント

このたびは拙著をご紹介いただき、ありがとうございます。2年前の刊行から世界情勢が激変し、内容がいささか古くなっている部分があるので、いずれはアップデート版を作りたいと思っております。今後とも、これを機縁によろしくお付き合いいただけると幸いです。まずは取り急ぎお礼のご挨拶のみにて失礼いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/55088639

この記事へのトラックバック一覧です: 事情のある国の切手ほど面白い 内藤陽介 [読書記]:

« 『佐伯祐三とパリ ポスターのある街角』展鑑賞記(心斎橋展示室) | トップページ | 『ザ・タワー 都市と塔のものがたり』展鑑賞記(大阪歴史博物館) »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ