« 歴史発見! ロンドン案内 森正人 [読書記] | トップページ | 文豪の装丁 NHK美の壺 [読書記] »

2012年6月 7日 (木)

アルセーヌ・ルパンの逮捕 ルブラン [読書記]

紳士怪盗ルパンのメディア・デビュー(?)作。『アルセーヌ・ルパン&ルパン三世特集』号のハヤカワミステリマガジン2012年7月号に、1905年創刊の月刊誌ジュ・セ・トゥの初出版が掲載された。これが本邦初訳となるらしい。
解説は住田忠久氏。

ル・アーブルからニューヨークへの定期航路便。一等船室での五日間の旅の平穏はルパン潜入の無電に乱される。鮮やかな犯行の手口。大富豪令嬢に心ときめかせた斜陽の貴族、ダンドレジーの語る物語には、男の視点ではあるが、華がある。
結末には少しあっけなさを感じるが、ホームズものと異なり、ベル・エポック期ならではの浪漫の予感が提示された作品だと思う。

モーリス・ルブランの著した『アルセーヌ・ルパンとは何者か』(1933年11月 ル・プティ・ヴァー誌)と『モーリス・ルブランによるコナン・ドイルへの弔辞』(1930年8月 政治・文学紀要誌)も併せて一読した。特に後者には、人類遺産と言っても良いであろうホームズとワトソンの生みの親と、その物語への深い敬愛が感じられた。

L'Arrestation d' ARSENE LUPIN
初出版 アルセーヌ・ルパンの逮捕
著者:MAURICE LEBLANC、平岡敦(訳)
早川書房刊「ハヤカワミステリマガジン 2012年7月号」所収
2012年6月7日読了

« 歴史発見! ロンドン案内 森正人 [読書記] | トップページ | 文豪の装丁 NHK美の壺 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/54901247

この記事へのトラックバック一覧です: アルセーヌ・ルパンの逮捕 ルブラン [読書記]:

« 歴史発見! ロンドン案内 森正人 [読書記] | トップページ | 文豪の装丁 NHK美の壺 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ