« 内と外からの夏目漱石 平川祐弘 [読書記] | トップページ | サロメ オスカー・ワイルド [読書記] »

2012年10月 9日 (火)

アール・デコ ファッション 大石尚 [読書記]

前半は著者の所蔵するポショワールを題材に、女性服飾ファッションを中心とするアール・デコ文化が紹介される。
室内装飾、キネマ、調度品、自動車、鉄道旅行など、1910年代の上流階級の生活文化の一端を窺えて興味深い。
ポショワールが静岡産の和紙に刷られた手彩色の版画であることを知った。
・Charles Martin シャルル・マルタン「音楽」:深く強い色彩と細部の装飾が気に入った。
・George Barbier ジョルジュ・バルビエ「突風」:浮世絵の強い影響が窺える。春風の表現も実に良いなぁ。

ところで、この時代の女性ファッションの特徴だろうか。昼は帽子を被り、夜は派手な飾りの付いたturban ターバンを着用している作品が多いように思う。

後半はエルテ、スワンソンへのインタビュー、ココ・シャネル、ジャンヌ・ランバン、マレーネ・ディートリッヒなど、時代を席巻した人物の解説パートとなっている。
自立心旺盛な女性が活躍しはじめ、現代社会との繋がりも密接な時代だったんだな。
エルテ氏の「仕事をますます発展させながら衣食住に個性と贅沢を発揮し、決して沈むことのなかった」(p123)生き方にダンディズムをみる。こうありたい、と思わせてくれる好例だ。

1920年代を中心とする戦間期は興味深い。自動車と鉄道の発展がもたらした時代のうねりに加え、浮世絵と日本工芸品、東洋趣味、エジプト遺跡の発見、ロシア・バレエ団の色彩など、20世紀初頭の出来事がデザインにあふれ出る。そんな時代の色彩と感性に触れることができ、満足な読後感を得た。

大石 尚 コレクション
アール・デコ ファッション
著者:大石尚、繊研新聞社・2010年11月発行
2012年10月9日読了

« 内と外からの夏目漱石 平川祐弘 [読書記] | トップページ | サロメ オスカー・ワイルド [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/55855639

この記事へのトラックバック一覧です: アール・デコ ファッション 大石尚 [読書記]:

« 内と外からの夏目漱石 平川祐弘 [読書記] | トップページ | サロメ オスカー・ワイルド [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ