« 冥土めぐり 鹿島田真希 [読書記] | トップページ | イスラームから世界を見る 内藤正典 [読書記] »

2013年1月28日 (月)

ジョーカー・ゲーム 柳広司 [読書記]

太平洋戦争前夜の東京、横浜、ロンドン、上海を舞台に、お国のために、と勇ましく、架空の共同体にすがりつく男たちを嗤う、無慈悲かつ冷徹な男たちの暗躍が五つの短編に濃縮されて描かれる。
結城中佐の設立したD機関に集められ、才能を徹底的に鍛えぬき、五感と頭脳を駆使した"ゲーム"に興じる異能の個人たち。いや、登場人物の言葉を借りると「十二人の化け物たち」(p19)の信じられない能力の凄まじさよ。
ライトノベルに登場する超能力者などいない。作品に通底するリアルに引き込まれる。

・表題作『ジョーカー・ゲーム』は見事。読み進むうち、いつしか"憲兵たち"に圧倒される佐久間中尉の心境に同化され、超越した組織の存在と本シリーズの骨太さが伝わってくる。

・『ダブル・クロス XX』は時代感たっぷり。そして「とらわれること」の意味を理解した飛先少尉の運命は悲痛だ。否、これも潔さか。

・『魔都』では無秩序かつ猥雑な上海の裏通りの描写に引き込まれた。そして1930年代の欧米列強、特にイギリスの恐ろしさが伝わる。

・『ゴースト 幽霊』も良い。「状況的にはクロ。心証的にはシロ」の疑惑の結末は、苛烈な階級社会を駆け上がった英国総領事グラハム氏の新たな野心を燃えたぎらせる。彼を待ち受けるであろう見えざる陥穽が、なるほど、現実社会でみられる政治家やキャリア官僚の不可解な行動を説明してくれる。

1930年代から帝国瓦解に至る数年間、この面白い時代を舞台とする本シリーズは第三作まで発売されている。長期シリーズにするなら、今後も練りに練った作品を提供されることを願う。

ジョーカー・ゲーム
著者:柳広司、角川書店・2008年8月発行
2013年1月27日読了

« 冥土めぐり 鹿島田真希 [読書記] | トップページ | イスラームから世界を見る 内藤正典 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/56648545

この記事へのトラックバック一覧です: ジョーカー・ゲーム 柳広司 [読書記]:

« 冥土めぐり 鹿島田真希 [読書記] | トップページ | イスラームから世界を見る 内藤正典 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ