« ルーヴルはやまわり 有地京子 [読書記] | トップページ | 『ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り』鑑賞記(森アーツセンターギャラリー) »

2013年5月 2日 (木)

パリジェンヌのパリ20区散歩 ドラ・トーザン [読書記]

オスマン様式建築の壮観なブルジョア的地区、庶民派地区、新興ボヘミアン・リッチの集う地区などの様々なパリの姿を、伝統的なカルチェではなく、パリジャンの日常的に意識する"区"単位として、生粋のパリジェンヌであり、日本とも深い関わりを持つ著者が紹介する。

・1区といえばルーヴル宮。それ自体が一つの世界であり、パリの特徴であるシンメトリーを表現する。ここから観るパースペクティブ(これもパリの特徴)は壮観だそうな。
歴史と日々の暮らしに詩情と芸術とが混ざり合ったシテ島、ノートルダム大聖堂=ベル・ダム(麗しの女性)への著者の想い。これはパリ市民に通底する心情なのかも知れないな。

・古きパリのマレ地区を擁する3区と4区。パリの歴史を紹介する"カルナヴェレ博物館"と1977年に建築され賛否両論の渦巻いた"ポンピドゥ・センター"の対照も面白い。

・18区モンマルトル、14区モンパルナス、6区サン・ジェルマン・デ・プレ。それぞれ世紀末ベル・エポック、戦間期エコール・ド・パリ、50年代に知的・芸術的生活の中心を成した地区であり、その名残が今も随所に残り、パリの魅力を醸し出している。
そうか、モンマルトルは1860年まではパリに隣接する村だったのか。"風車"は時代の名残だな。
温故知新ではないが、これらの場所を訪れ、何らかの知的刺激を受けることができれば、旅行の成果にもなりうる。

・17区は"コンシェルジェがいるアパルトマン"の件に興味を惹かれた。近代化の名残を今に伝える建築物に数十年も居住する住民。
観光地でなく市街中枢でもないが、さらけ出されていないパリ市民の姿が垣間見られる区域だと思う。遠くから眺めるだけになるだろうけれど。

心底パリを愛する想いがシンプルかつ美しい文章で綴られる。われわれは"異邦人"として訪問するわけだが、少しでも同じ目線を共有することで、グローバルにしてローカルな都市、パリの真髄に触れられたら嬉しいと思う。

Paris par arrondissement
パリジェンヌのパリ20区散歩
著者:Dora Tauzin、ポプラ社・2007年3月発行
2013年4月22日読了

« ルーヴルはやまわり 有地京子 [読書記] | トップページ | 『ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り』鑑賞記(森アーツセンターギャラリー) »

コメント

Hello! dadkded interesting dadkded site! I'm really like it! Very, very dadkded good!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/57297330

この記事へのトラックバック一覧です: パリジェンヌのパリ20区散歩 ドラ・トーザン [読書記]:

« ルーヴルはやまわり 有地京子 [読書記] | トップページ | 『ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り』鑑賞記(森アーツセンターギャラリー) »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ