« パライソ・トラベル ホルヘ・フランコ [読書記] | トップページ | 「大差」の時代 落合信彦 [読書記] »

2013年10月19日 (土)

モダンガール大図鑑 生田誠 [読書記]

明治・大正を経て熟成された昭和初期の都市の中心に、彼女たちは存在した。
本書は、豊かな消費生活を満喫し、都会の主役に躍り出たモダンガールのアクティブな姿が活写された絵葉書や雑誌口絵などを題材に、時代の雰囲気を伝えてくれる一冊となっている。

絵葉書や雑誌挿絵とは言え、竹久夢二、高畠華宵、蕗谷虹児はもちろん、杉浦非水、SIN、鈴木寿雄、須山ひろし、伊藤かいち、松本かつぢ、伊藤としを、高橋春佳など、多彩かつ有名無名の作家の手がけた作品が掲載される。
欲を言えば素材の美麗デザインを100%活かすためにも、全ページをカラーにして欲しかった。

・大正から昭和初期にかけて東京・横浜、京阪神、上海、大連で活躍した職業婦人。ファッション、趣味、娯楽、旅行などあらゆる分野における彼女たちの意欲的な活動は、すなわち都市文化の活力か。

・"憧れのお姉さん"を真似たモダン少女の存在も興味深い。作者不明の絵葉書『自動車と少女』(p81)は、休日に洋装の女学生が最先端都市、東京を闊歩する様子を想起させ、1930年頃の日本の躍動感が表れている一枚だと思う。

・時代の先端を疾走するモダンガールが結婚してモダン・マダムとなり、1940年代の時代の雰囲気の中で「報国婦人」に変貌してゆくが、その最後の華やかさが哀しくもある。

「昭和初期のモダン都市を闊歩した、モダンガールがいなければ、モダン東京の姿は完全に蘇らない」(p127)
資生堂、百貨店、地下鉄、自動車旅行、円タク、飛行機、映画、カクテルとタバコ、郊外のマリン・スポーツにスキー・リゾート。戦前日本の活気を垣間見る気分を味わえた。

モダンガール大図鑑 大正・昭和のおしゃれ女子
著者:生田誠、河出書房新社・2012年11月発行
2013年10月18日読了

« パライソ・トラベル ホルヘ・フランコ [読書記] | トップページ | 「大差」の時代 落合信彦 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/58415585

この記事へのトラックバック一覧です: モダンガール大図鑑 生田誠 [読書記]:

« パライソ・トラベル ホルヘ・フランコ [読書記] | トップページ | 「大差」の時代 落合信彦 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ