« ヴィクトリア時代の室内装飾 [読書記] | トップページ | おやすみなさい、ホームズさん キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記] »

2014年3月 9日 (日)

シャーロック・ホームズの冒険 ドイル [読書記]

近代ミステリーの原点。お気に入りを一作だけ。
『ボスコム谷の惨劇』
娘のことを想う親心が心に沁みる。
そして気高いダンディズム精神を誇るヴィクトリア朝の男としての、ホームズの約束。
21時台にテレビ放映されるサスペンスドラマの原形とも言える内容だが、秀逸な短編だと想う。

THE ADOVENTURES OF SHERLOCK HOLMES
シャーロック・ホームズの冒険
著者:Sir Arthur Conan Doyle、延原謙(訳)、新潮社・1953年3月発行
2014年2月9日再読了

« ヴィクトリア時代の室内装飾 [読書記] | トップページ | おやすみなさい、ホームズさん キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/59265117

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズの冒険 ドイル [読書記]:

« ヴィクトリア時代の室内装飾 [読書記] | トップページ | おやすみなさい、ホームズさん キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ