« おやすみなさい、ホームズさん キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記] | トップページ | ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代 [読書記] »

2014年4月15日 (火)

図説 シャーロック・ホームズ 小林司・東山あかね [読書記]

日本シャーロック・ホームズ・クラブの創設者にして著書50冊を超える著者夫妻による、ホームズ像とヴィクトリア朝の解説書。

・ロンドンを歩いてホームズの足跡を辿るは楽しく、ダートムーアで「犬」を思うも良し、モリアーティとの最終対決の場、マイリンゲンの滝壺を覗くも一興。人物と時代に思いを馳せつつ、聖地を巡る楽しさが存分に伝わってくる。

・2010年5月、僕もベーカー街のホームズ博物館を訪問した。求龍堂発行の「写真集 シャーロック・ホームズの倫敦」を直前に読んでいたこともあり、同書の図版がそのまま展示されていたことに気付いたが、そうか、これは無断で使われていたのか。。。(p16)

・「わが友、シャーロック・ホームズ」(p47)では、音楽に文学的要素を投入しようとしたワグナーのドイツ・ロマン派の音楽劇(p95)への愛着、古典から英独流行作家に至るまでの文学的知識、最先端技術(当時は化学実験)への並々ならぬ関心と実践(これ大事!)、それでいて、変人とも誤解されかねない独特の癖など、ホームズの人物像が愛情を込めてに解説される。

巻末史料が充実している。
「ホームズ事件簿」(p126)は、事件名とホームズ活動時期、事件の概要が年代順に掲載され、わかりやすい。
「作品訳名対照リスト」(p136)は英文原題と原作発表年月に河出、新潮、光文社、ちくまの邦文表題が対比され、各社ごとの特徴が滲み出ていることを覗わせる。
「ホームズ関連年表」(p132)は、1847年(兄マイクロフト生誕)から1914年までのホームズの動き、英国の動き、日本の動きが掲載され、時代的な俯瞰を行える。
「そうか、江戸、明治、大正までがホームズの時代だったんだな」と、より身近に感じることができた。

写真と図絵満載で気軽に読むことができた。ヴィクトリア時代に興味があるなら、お薦めの一冊になると思う。

Dscn1139


図説 シャーロック・ホームズ 改訂新版
著者:小林司、東山あかね、河出書房新社・2012年2月発行
2014年4月14日読了

« おやすみなさい、ホームズさん キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記] | トップページ | ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/59476121

この記事へのトラックバック一覧です: 図説 シャーロック・ホームズ 小林司・東山あかね [読書記]:

« おやすみなさい、ホームズさん キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記] | トップページ | ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ