« ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代 [読書記] | トップページ | The PHANTOM of the OPERA オペラ座の怪人 うれしいサプライズ! »

2014年6月21日 (土)

林芙美子紀行集 下駄で歩いた巴里 [読書記]

パリ、ロンドン、樺太、北京、外地としての北海道。時代に迎合することを拒んだ女性がこれら大都会と鄙の地を小さな足で歩き、オリジナリティを汲み取り、人の生活を想い、静かな叫びをを綴り記した第一級の文章だ。

北京は満州事変の前年にきな臭い雰囲気の中を歩き通したし、さらに満洲、シベリアを経由しての欧羅巴旅行は日支戦争のまっただ中に敢行した。
なるほど、時代に流される風潮への反抗心と行動力が文章の中に漲っている。


渤海湾を望む海水浴場では、アメリカ水兵の後からビール樽を抱えた数人の現地人が「よちよちと何里とある道を」歩く様を克明に記す(p12 北京紀行)。この「下から目線」が著者の持ち味と言えよう。
その一方で、支那民族は面白い人種だとして「犬や猿と同じ生活のようなのだから、人間的なモラルを超えてゼンマイみたいなものがゆるみきっているのかも知れない」(p27)など、現在なら猛抗議を受けそうな記述がある。著者にしてはキツイな。
・「各外国の大資本を投じた文化侵略を視て、如何にも不器用な日本を感じないでもない」(p19)と、大陸進出に軍事面を突出させた日本のやりかたを稚拙だとする。
この辺りの記述は、帝国主義思想の版図から逃れることのできなかった限界か。
・北京では代々の親日家が「日本人への信頼を喪失してゆく」との言葉に「私は目をとじるより仕方がない」(p19)、か。やむを得まい。


日本兵の闊歩する長春の鉄道駅から汽車に乗って哈爾浜へ向かう。中国兵のひしめく殺伐としたを街中ではロシア人のタクシーを飛ばし、北満ホテルへ落ち着く)。意外にも戦争の影響が見られなかったが、いざシベリア鉄道に乗車しては銃撃音に脅え、車両に乗り込んできた支那兵にさんざ悩まされる。この恐怖感(p61)。同室のロシア老女の剛胆さに助けられて以降、パリまでの10日間、庶民の情け深さを何度も識ることとなる。

・ハイラル駅では、支那兵とアメリアの記者団が笑いながら握手している現場に遭遇する(p62)。こんな小さな出来事の積み重ねがジャーナリズを通じて大きな世論に変節するのだろうが、これは2014年の日中米を巡る状況と変わらず、非情に気になるところだ。


パリ左岸のホテルから「塗下駄でポクポク」歩いて買い物へ出向く毎日。
風呂屋(個室!)や床屋(p131)など日常の一こまから"おネエ男"(p134)なる風俗の一形態まで余さず描かれる。シャ・ノアール、ジュークボックスを並べた蓄音機屋、ヴァリエテ・ショーの記述もある(p109)。
・フォンテーヌブローの森ちかくの宿で夜を明かす。宿のお神さんは「私の着物姿が珍しいのだと言う」とある(p178)。郊外まで和着物で歩いたのか。すごいぞ。
・パリ郊外のバルビゾンと奈良との近似を見る(p276)。この視点も面白い。
・活動映画館へ入る。日支戦争の記録映画では、日本兵が銃弾を放つたびにブーイングが起こるという(p160)。ロンドンでもそうだが、プロパガンダの影響は大きい。


パリ滞在中にロンドンへ出向く。いまでは想像もつかないが、霧の描写が繰り返し出てくる。
「夕飯前に、霧の中を金魚のようにフカフカと歩いてポストへ行く」(p143)

・大英博物館を「ルーブルでもかなわない」と評するはわかる。でも「世界各国から大泥棒した」呼ばわりは……まぁこれもひとつの意見か(p152)。

・トラファルガー広場では中国共産党のデモンストレーションを目撃する(p145)。今も昔も英米で行うこの手のアピールは効果的ってことか。
外国へ来ていると「毎日の新聞で日本の評判の悪いのが気になる」(p152)
反日活動の効果は絶大だな。在ロンドン大使館も外務省もいったい何をしていたんだか。


樺太では中枢の豊原よりも、敷香(しすか)が気に入ったとある(p246)。

地元民下層階級の人々へ寄り添う姿が垣間見える(p199など)。人々を見る目に優しさと思いやりにあふれているのが文体からあふれ出てくる。
「見るべきものを見て、書くべきものは書く」「実際に目の前にあるものに対する直感の正しさ」(解説:立松和平氏)が林芙美子の魅力であることを、いま一度理解させてもらった。

Dscn1136


林芙美子紀行集 下駄で歩いた巴里
著者:林芙美子、岩波書店・2003年6月発行
2014年6月18日読了

« ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代 [読書記] | トップページ | The PHANTOM of the OPERA オペラ座の怪人 うれしいサプライズ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/59854121

この記事へのトラックバック一覧です: 林芙美子紀行集 下駄で歩いた巴里 [読書記]:

« ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代 [読書記] | トップページ | The PHANTOM of the OPERA オペラ座の怪人 うれしいサプライズ! »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ