« シャーロック・ホームズの思い出 コナン・ドイル [読書記] | トップページ | 二都物語 ディケンズ [読書記] »

2014年9月24日 (水)

ダックスフントのワープ 藤原伊織 [読書記]

書店万引きの現場で再開した千代と、彼女の語った兄の最期。檻の中の絶望と檻の外の死、あるいは幸運を巡る『ネズミ焼きの贈りもの』。宿命と闘って負けを選んだひとつの人生が、17歳の妹に遺したものは鉛のように重い。

表題作『ダックスフントのワープ』冒頭の軽快な語り口は、マリとの"広辞苑"的な会話の中で姿を変えてゆく。
往復書簡のような対話編。ひとりの言動がひとりに与える影響の強さ。
衝撃に彩られたラスト・シーン。
自らの創作が自らの人生にオーバーラップする、その瞬間。
傑作と呼びたい。

ダックスフントのワープ
著者:藤原伊織、集英社・1987年2月発行
2014年9月24日読了

Dscn2304


« シャーロック・ホームズの思い出 コナン・ドイル [読書記] | トップページ | 二都物語 ディケンズ [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/60370228

この記事へのトラックバック一覧です: ダックスフントのワープ 藤原伊織 [読書記]:

« シャーロック・ホームズの思い出 コナン・ドイル [読書記] | トップページ | 二都物語 ディケンズ [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ