« 『ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展』鑑賞記(京都市美術館) | トップページ | 敗北を抱きしめて ジョン・ダワー [読書記] »

2014年11月30日 (日)

ゴドーを待ちながら サミュエル・ベケット [読書記]

SHIROBAKO 6話に触発されて読んでみた。
演出と役者の個性を見せる戯曲。
老浮浪者ゴゴとディディの、ほとんど二人舞台。

「行く手は美しく。旅人は善良だというのに」(p20)
「誰か一人が泣きだすたびに、どこかで、誰かが泣きやんでいる」(p50)
「運悪く人類に生まれついたからには、せめて一度ぐらいはりっぱにこの生物を代表すべきだ。どうだね?」(p140)

十字架、二人の泥棒、待つこと、そして木。平衡(バランス)と帳尻(バランス)。
キリスト教世界を知ればもっと理解しやすかったのだろうが、なかなかどうして、多様な解釈が可能な作品だ。
物語性よりも、自己投影が物語をかたちづくる。作者のそんな挑戦を感じた。


EN ATTENDANT GODOT
ベスト・オブ・ベケット1
ゴドーを待ちながら
著者:Samuel Beckett、安堂信也、高橋康也(訳)、白水社・1990年10月発行
2014年11月29日読了

Dscn2323

« 『ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展』鑑賞記(京都市美術館) | トップページ | 敗北を抱きしめて ジョン・ダワー [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/60739250

この記事へのトラックバック一覧です: ゴドーを待ちながら サミュエル・ベケット [読書記]:

« 『ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展』鑑賞記(京都市美術館) | トップページ | 敗北を抱きしめて ジョン・ダワー [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ