« 敗北を抱きしめて ジョン・ダワー [読書記] | トップページ | 男ひとり旅の美学 2014年7月 パリとプラハ その9 »

2014年12月 6日 (土)

きことわ 朝吹真理子 [読書記]

25年前の避暑地の日々と、それ以降につらなる人生の重み。
永遠子と貴子。再会した幼馴染の異なる時間に、大切な人々のおもかげがある。

老母の髪をとかして胸を痛める描写(p64)や、死者を記憶から解放することのくだり(p118)が良いな。

さすが芥川賞受賞作。美しい言葉の流れ入る読書を楽しめた。

きことわ
著者:朝吹真理子、新潮社・2011年1月発行
2014年12月6日読了

Dscn2320

« 敗北を抱きしめて ジョン・ダワー [読書記] | トップページ | 男ひとり旅の美学 2014年7月 パリとプラハ その9 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/60770371

この記事へのトラックバック一覧です: きことわ 朝吹真理子 [読書記]:

« 敗北を抱きしめて ジョン・ダワー [読書記] | トップページ | 男ひとり旅の美学 2014年7月 パリとプラハ その9 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ