« インドクリスタル 篠田節子  [読書記] | トップページ | ひとつのヨーロッパ いくつものヨーロッパ 宮島喬 [読書記] »

2015年2月23日 (月)

高畠華宵 大正・昭和 レトロビューティー [読書記]

1920年代のカリスマ挿絵作家!ってことで買ってみた。

大正から昭和初期にかけてのファッションリーダーとして、講談社の少女・婦人誌の挿画で大人気を博した華宵。その画は現在でも魅力を失っていないことが、本書を通読・鑑賞してわかる。
銀座、便箋、モダンデザイン、浅草オペラなどのテーマ別に、華宵世界が紹介される。

・大正ロマンと昭和モダン。二つの時代をまたがり、若い女性の服飾小物の流行を仕掛けた点で、現在のファッションデザイナーの先人とも言えよう。
・当時の銀座を歩いた女性の90%が和装であり、華宵もその挿画で積極的に着物のデザインを手掛け、それが実際にデパートで販売されていたという。
・さらにすごいのはその挿画、雑誌口絵、便せん画などにおいて、同じ図柄の着物は一枚たりとも存在しない事実だ。画家のプライドここにあり。
・個人的には「渚の風」(p17)、「光」(p53)、「ニューファッション」(p61)、「胡蝶」(p92)がお気に入りだ。

意外なのはその生い立ちだ。若き日に実家を勘当され、神保町の救世軍労働宿舎に寝泊まりしたこともあるという(p107)。この時代の労苦も挿画に活かされているのだから、何事も経験だな。

機会があれば、文京区の弥生美術館に行ってみようと思う。

高畠華宵 大正・昭和 レトロビューティー
編者:松本品子、河出書房新社・2011年12月発行
2015年2月22日読了

Dscn2656

« インドクリスタル 篠田節子  [読書記] | トップページ | ひとつのヨーロッパ いくつものヨーロッパ 宮島喬 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/61185782

この記事へのトラックバック一覧です: 高畠華宵 大正・昭和 レトロビューティー [読書記]:

« インドクリスタル 篠田節子  [読書記] | トップページ | ひとつのヨーロッパ いくつものヨーロッパ 宮島喬 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ