« 2014年12月ロンドン その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 『ブリヂストン美術館 BEST of THE BEST展』鑑賞記 »

2015年5月11日 (月)

おめざめですか、アイリーン キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記]

前作『おやすみなさい、ホームズさん』から数年後、舞台をパリとモナコ・モンテカルロに移し、ベル・エポックの歌姫、サラ・ベルナール、モナコ公国の公子とその婚約者であるアメリカ人のアリス(後のアルベール一世とアリス王女)等、華やかな登場人物が加わり、アイリーンの新たな探偵物語が動き出す。

悩めるサラ・ベルナールにハムレット役を勧めたり、モンテカルロのオペラ座創設をモナコ公室に提案するアイリーン。史実とフィクションとをうまく絡め合わせた描写が面白い。

・サラ・ベルナールの気まぐれな激情と、アイリーンの放つ落ち着いた輝き(p37)の邂逅する情景なんて、華があって実に良い。

・人物像の比喩もわかりやすい。「光り輝く青い大洋」「その水面を踊りながら照り返すまぶしい陽光」(p213)は気に入った。

・死者の入墨の謎の結末は……なるほど、ミステリアスかつエキサイティング。人生を賭けても不思議ではないな(p362)。

・池澤春菜さんによる解説も秀逸。最後の「その○○ですわ、アイリーン」って、とても良い感じ。

ただ、どうしても前作に比べるとテンポがいまひとつ(特に前半)。せっかくのホームズとの対峙も期待値に至らずといったところ。70点。


THE ADVENTURESS (GOOD MORNING, IRENE)
おめざめですか、アイリーン
著者:Carole Nelson Douglas、日暮雅通(訳)、東京創元社・2013年11月発行
2015年5月11日読了

Dscn3317

« 2014年12月ロンドン その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 『ブリヂストン美術館 BEST of THE BEST展』鑑賞記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/61575237

この記事へのトラックバック一覧です: おめざめですか、アイリーン キャロル・ネルソン・ダグラス [読書記]:

« 2014年12月ロンドン その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 『ブリヂストン美術館 BEST of THE BEST展』鑑賞記 »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ