« 少女たちの昭和 小泉和子 [読書記] | トップページ | コンラッド短篇集 [読書記] »

2015年7月12日 (日)

世界最悪の旅 A・チェリー=ガラード [読書記]

1500kmにおよぶ極地行。たどり着いた南極点で、しかし他国の旗を見る無念さよ。
その果てに、生還できたものは一人とてなく、彼らの遺した「記録」のみが、人類の英知を賭けた極限への旅を物語る。

本書は、男たち自身の日誌による冷静な、しかし過酷で残酷な旅の記録である。

・極点からの復路、最も頑丈な若者「水兵エバンズ」の思いがけない死に直面し(p156)、それでも「帰還」という使命に敢然と向かうスコットたちを、悪天候は容赦なく急襲した。

・正午の気温はマイナス42℃、北からの強い向い風。死を意識しながらのローペースの行進。意識は朦朧となり、日付すら怪しくなる。日誌に「神よ、救いたまえ!」の文字が多く表れる。(p170)

・「人間の立ち向かえるものではなかった。私たちは力尽きようとしている」(p173)とは、もう一人の仲間であるオーツ大尉の「勇敢な男の、イギリス紳士としての選択」(p172)、すなわち、ひとりでブリザードの中へ消え行った最期を見届けたスコットの言葉だ。死に未練はない。ただ栄達に届かない無念さよ。

・食料も燃料も尽き、全身が凍傷にやられ、吹雪の中でテントから一歩も動けない最後の四日間に、スコットは仲間の家族や親友に手紙をしたためる。選択するは行進途上の自然死。有意義だった冒険の人生を想いつつ、英雄は人知れず息絶える。

・日誌に書かれたイギリス国民へのメッセージは感動的ですらある。遠征に後悔はない。イギリス国民が困難に耐え、互いに助け合い、毅然として死に臨むことを証明してみせた――。(p180)そしてイギリス国家の慈悲による、残された家族への援助を最後に乞い願う――。


探検とは、知的情熱の肉体的表現なのだ(p254)、とはその通りだ。挑戦のレベルはどうあれ、未知の「何か」への興味を失わないよう生きたい。


THE WORST JOURNEY IN THE WORLD
ANTARCTIC 1910-1913
地球人ライブラリー
世界最悪の旅
著者:Aspley Cherry-Garrard、戸井十月(訳)、小学館・1994年11月発行
2015年7月9日読了

Dscn3324

« 少女たちの昭和 小泉和子 [読書記] | トップページ | コンラッド短篇集 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/61876379

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最悪の旅 A・チェリー=ガラード [読書記]:

« 少女たちの昭和 小泉和子 [読書記] | トップページ | コンラッド短篇集 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ