« 2015年4月パリとリヨン その1 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2015年4月パリとリヨン その3 [男ひとり旅の美学] »

2016年2月21日 (日)

2015年4月パリとリヨン その2 [男ひとり旅の美学]

Dscn2872

2015年4月26日、パリは快晴
この日はオルセー美術館、オペラ・ガルニエ、ポンピドゥー・センターを巡った。

ホテルの朝食はコンチネンタル式。いちおう合格点。
Dscn2735

■オルセー美術館

開館は10時。25分前にミュージアムパス保持者セキュリティチェックの列に並んだが、前に200人はいそう。

今回は1階から鑑賞する。
お気に入りの作品を何点か。

Jules Lefebrre『La Verite』(1870年)
光源は新しい文明の到来を予感させる。構図が良い。
Dscn2778

Edouard Maunet『Olympia』(1863年)
構図、ポーズ、表情、どれも良い。
Dscn2763

Gustave Caillebotte『Vue de toits (Effet de neige)』(1878年)
雪の質感、しんとした街の雰囲気が出ている。
Dscn2840

Edgar Degas『La Classe de danse』(1876年)
Dscn2828

Dscn2829

Gustave Caillebotte『Raboteurs de parquet』(1875年)
Dscn2823

Pierre-Auguste Renoir『Le Pont des Arts, Paris』(1868年)
Dscn2843

Edgar Degas『L'Orchestre de l'Opera』(1870年)
オペラ座の影の主役、オーケストラ団員を描いたドガの作品。
Dsc_1303

なんだか楽しそう
Dscn2762

旧駅舎の構造物を活かしたこの雰囲気、好きです。
Dscn2853

Dscn2749

Dscn2759

Dscn2788


大時計の向こうに見るルーブルも格別。
Dscn2832

12時45分にオルセーを退館。やはり来て良かった。


■オペラ座、舞台初鑑賞!

オルセー美術館から北上してオペラ・ガルニエへ。
チケット申し込み券を持っているのに、間違ってボックスオフィスに入って並んでしまった。
係員に問い合わせて、正面玄関より入場し、無事にチケットと交換できた。
プログラムも購入。12ユーロ。
Dscn3200

オペラ・ガルニエの外観もそうだが、内部はよりゴージャス。
Dscn2859

Dscn2866

Dscn2878

物販価格もゴージャスだった。水3ユーロ。シャンパン12ユーロ。

演目はマノン・レスコーを原作としたバレエ『マノン』だ。
実はオペラ座入場が初めてなら、バレエ鑑賞も初めてなのだ。

座席は前から3列目、オーケストラ席と呼ばれる場所だ。真正面寄りのボックス席も選択できたのだが、あえて舞台に近いこの席にした。
オーケストラも良く見える。
Dscn2882a

座席は伝統的なスタイルで、マホガニーの座椅子に張られた赤いベルベットの感触を愉しめた。足台も木製。床の赤カーペットは平凡だった。

14時30分、前回(2014年7月)と今朝、オルセー美術館で鑑賞したドガの絵画『L'Orchestre de l'Opera』そのままに、幕は上がった。

舞台は全三幕。
マノン、兄のレスコー、富裕老貴族、学者肌の若い紳士を中心に華やかな舞台が繰り広げられる。

最終幕のセットが斬新だった。
アリゾナの沼地を表現したものだが、結び目ばかりのロープが数十本垂らされた中、マノンは息絶える。
背景は亡き兄と情婦の幻影など、楽しい思い出の走馬灯か。

終焉は17時15分。カーテンコール。
Dscn2896


外は大雨、人だかり。

鑑賞後のティータイムということで、いつものCAFE de la PEIXへ。
オペラ・ガルニエを鑑賞しながらエスプレッソとミルフィーユを愉しむ(25ユーロ)。
前もそうだったが、ミルフィーユはすぐに崩れてしまう。
Dscn2900

Dsc_1340


■現代美術? すみません、わかりません。

オペラ大通りを300メートルほど南下し、西へ曲がって歩く。
ギャルリー・ヴィヴィエンヌは閉鎖されていた。残念。
さらに歩くとヴィクトワール広場だ。これはルイ14世かな?
Dscn2902


そのままエティエンヌ・マルセル通りを行く。
セバストポリ大通りを南下すると、ポンピドゥー・センターが見えてきた。
ここの4階と5階に目指す国立近代美術館がある。19時に入館。
Dscn2904

Dscn2905_2

で、第一目的の20世紀前半の美術を展示する5階は「5月末日まで閉鎖」?
ガックシ。藤田嗣治を見たかったのに……。

気を取り直して4階のコンテンポラリーアートを鑑賞しよう。

うむ~。理解するには、相応の美術の知識が必要とされるな。
僕には無理だ。

Dscn2907

Dsc_1349

Dsc_1352


■パリの夜景の美しさよ
20時10分、カフェ・サラ・ベルナールで夕食とした。
1664ビールと本日のプレートで21ユーロ。牛肉が硬いぞ!

Dscn2914

この店はパリ市立劇場、すなわち元のサラ・ベルナール劇場の1階にあり、彼女のポートレートやポスターが多数陳列されている。以前に入店して気に入ったのだが、今回の接客はいまふたつ。ドリンクだけならベター、レストランとしては二流といったところか。
Dscn2917


夜の散歩もまた愉し。パリの夜景の美しさは筆舌に尽くしがたい、本当に。
Dscn2918

市庁舎
Dscn2920

ノートルダム大聖堂
中国人の団体観光客がうるさい。こんな夜に観光せんでもよかろうに。
Dscn2926

Dscn2927

ポン・ヌフ
Dscn2936


ポン・デザール
Dscn2939


ルーブル宮のピラミッドの裏側
Dscn2941

コメディ・フランセーズを観て、22時30分にホテルへ戻る。
左足に靴擦れができてしまった。
……これが後にとんでもない災いをもたらすとは、このときは思いも寄らなかったのだが!
Dscn2944


続きます。

« 2015年4月パリとリヨン その1 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2015年4月パリとリヨン その3 [男ひとり旅の美学] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/63244341

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年4月パリとリヨン その2 [男ひとり旅の美学]:

« 2015年4月パリとリヨン その1 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2015年4月パリとリヨン その3 [男ひとり旅の美学] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ