« 2016年3月 関門海峡とラファエル前派的な山口の旅 その2 [男ひとり旅の美学] | トップページ | セシル・ローズと南アフリカ 鈴木正四 [読書記] »

2016年5月26日 (木)

2016年3月 関門海峡とラファエル前派的な山口の旅 その3 [男ひとり旅の美学]

Dscn4599


2016年3月27日(日)
この日は山口へ移動し、美術館で「ラファエル前派展」を鑑賞するのだ。
移動時間がとてつもなく長いのは仕方がない。モリエール「人間ぎらい」を読んでしまおう。

門司港ホテルの部屋から関門海峡を望む。関門橋とはね橋。なんか、ロマンがないな。
Dscn4576


朝食はビュッフェ。ふくのあぶり身は絶品だった。

門司港ホテル。内外装・アメニティとも最高でした。朝食は待ち時間を改善しないとね。
Dscn4585


旧大阪商船(大阪商船三井船舶・門司支店、1917年)の1階、門司デザインハウスで、お気に入りの土産(フラワーベース)を買うことができた。荷物になったが。
http://www.mojikodh.com/

Dscn4584_2

国際友好記念図書館は大連の東清鉄道汽船会社事務所を再現したそうで、外観、蔵書とも気に入った。
Dscn4586

Dscn4589


■山口への長い長い鉄道旅行

10時30分にJR門司港駅を出発し、門司~下関~新山口~山口へ至る。
移動時間148分、疲れました。
Dscn4596


■山口県立美術館「ラファエル前派展 英国の夢」
Dscn4597


2点、心に響いた作品あり。
(1) John Everett MILLAIS 「A Dream of the Past : Sir Isumbras at the Ford」
(いにしえの夢:浅瀬を渡るイサンブラス卿)
金の鎧を纏う優しい目つきの騎士が黒馬の上で二人の子供を抱え、浅瀬を渡る。騎士に夢中でしがみつく幼子と、少女のまなざしが実に良い。

(2) Charles Edward PERUGINI 「Dolce far Niente」
(甘美なる無為)
見ていて心地よい美しさ。心が落ち着くな。
これがそのまま、パンフレットの表紙と裏表紙になっていた。
Dscn6281

遠路はるばる来て良かったぞ。

美術鑑賞の後はケーキと決まっているので。
Dscn4600


美術館を出る。県庁、市役所のすぐ近くなのにタクシーが全然通らないぞ。……日曜日か。

明治維新150周年とかで、ローカルで異様に盛り上がっているな。
Dscn4615


■国宝 瑠璃光寺五重塔

パークロード、国道9号線、細い田舎道を歩くこと15分、瑠璃光寺五重塔へ到着。
1442年に建立。「西の京、山口」のシンボルだそうな。
桜がきれいだ。
Dscn4613

Dscn4609

Dscn4607


15時40分に観光終了。
山口駅到着は16時7分。瑠璃光寺五重塔で一緒になった御婦人(おばちゃん)と隣り合わせた。

新山口駅で山口地ビールを試す。美味。
Dscn4617


17時14分に新山口駅よりさくら562号に乗車。
Dscn4618


旅の〆はふく寿司です。
Dscn4620


門司港駅が改装し終えたら、もう一度行きたいです。

駄文にお付き合いくださり、ありがとうございました。

« 2016年3月 関門海峡とラファエル前派的な山口の旅 その2 [男ひとり旅の美学] | トップページ | セシル・ローズと南アフリカ 鈴木正四 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/63674328

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年3月 関門海峡とラファエル前派的な山口の旅 その3 [男ひとり旅の美学]:

« 2016年3月 関門海峡とラファエル前派的な山口の旅 その2 [男ひとり旅の美学] | トップページ | セシル・ローズと南アフリカ 鈴木正四 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ