« 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その3 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その5 [男ひとり旅の美学・番外編] »

2016年5月17日 (火)

2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その4 [男ひとり旅の美学・番外編]

この日は3時30分起床。
ヨハネスブルグ経由で、ジンバブエはヴィクトリアフォールズへ向かうのだ。

Dscn5450
ザンベジ川・サンセットクルーズ


■ジンバブエ行

4時55分にケープタウン空港に到着。こんな時間なのに、なんて人の多いこと!
コンパクトな空港だけど、神戸空港よりも良い感じだ。

6時10分にboarding、小さなエアバスA319-100だ。
6時33分に離陸。隣の黒人は体が大きく、シートからはみ出している。こちらの場所は狭くなるばかり。しかたがないか。
8時35分にヨハネスブルグ空港に到着。乗り換えてヴィクトリアフォールズに向かう。
朝食のチキンサンドのお味は……まぁ、エコノミークラスらしいか。

さようなら、南アフリカ共和国! ダイナミックで良いところでした。

12時45分にVictoria International Airportに着地。
われらがSA40便の雄姿。
Dscn5290


ここまでは良かったのだが、VISAが認可されて入国できたのが、なんと14時5分だ。酷いぞ。
すぐにバスで移動開始。

森林は豊かだが、農地に適さない赤土の国……貧しい国だ。
Dscn5296

Dscn5298

おお、遠くにヴィクトリアの滝の水煙が見えるぞ。
Dscn5299


14時35分、ホテルに荷物を置き、小休止。良さげなところだ。
部屋に蚊が一匹いるのはNGだが。後で殺虫剤をまいてもらった。
Dscn5302

Dscn5304

エアコンはNationalだ!(いつのかな?)
Dscn5303


バルコニーからヴィクトリアの滝の水煙が見えるぞ!
Dscn6206


ELEPHANT HILLS VICTORIA FALLS
http://elephanthillsresort.com/

このホテルは、1980年のジンバブエ独立時から2016年の現在までも首相・大統領職を独占してきたムガベ氏の肝いりで再建された。同大統領専用の寝室もあるらしい。

生水を口にしてはいけない、ということで、歯磨きやうがいですら、ミネラルウォーターを使用するのだ。
上海でもそうだったが、あちらは水が濁っていたからな。(浴槽に湯をためると、土色になった。)
今回はもったいない気がする。

15時48分、ザンベジ川に向けて出発


■Sunset of Zambezi River ザンベジ川サンセット・クルーズ 心地好い!

クルーズ船乗り場では民族舞踊の歓迎が。1ドルを寄進。
Dscn5305


Zambezi River ザンベジ川……全長2,700メートル、アフリカ4番目の大河。クルーズ船は緩やかに出発。
Dscn5308


ワニ、野鳥、象。特にカバの戯れる姿は楽しかった。
Dscn5380

Dscn5340

Dscn5334

Dscn5420

Dscn5407


全身に夕凪を浴びつつ、川向こうに沈む夕陽を鑑賞し、ジンバブエの地ビール「ZAMBEZI」を味わう。
ん、優雅なひと時。
Dscn5426

Dscn5310

Dscn5453

Dscn5425


ホテルに戻る。部屋にカーテンはない。そりゃそうだ、窓の向こうは森林なのだから。
Dscn5750


シャワーの湯量も合格点。
部屋にはカメムシが多い……慣れるしかないか。。。。続きます。

« 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その3 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その5 [男ひとり旅の美学・番外編] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/63640803

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その4 [男ひとり旅の美学・番外編]:

« 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その3 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その5 [男ひとり旅の美学・番外編] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ