« 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その2 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その4 [男ひとり旅の美学・番外編] »

2016年5月16日 (月)

2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その3 [男ひとり旅の美学・番外編]

Dscn5282
喜望峰を望む!


2016年5月1日(日)6時25分起床
今日はケープ半島を南下し、喜望峰へ向かうのだ。8時に出発。

■Duiker Is. ドイカー島は野生のオットセイの楽園

・海辺の高級住宅街、Clifton Beach フリクトン・ビーチ。世界中のセレブが買い求めるので、2LDKで一億円か。。。
・この国では窃盗くらいでは警察は動かない。警備会社との契約は当たり前。なるほど、どの家にも壁に契約会社のステッカーが貼ってあるし、「高圧電流」と書いた鉄条網まである。
Dscn5073

・Camps Bay キャンプス・ベイ
Dscn5076


Hout Bay ハウト・ベイは波高し。冬季の波高は7mにも達し、サーフィンのプロが良く来るらしい。
8時47分、朝日の照り付ける中、大型ボートでオットセイの楽園、Duiker Is.ドイカー島へ向かう。
(Seal Is. シール・アイランドとも呼ばれるらしい。)
このボート便の70%の乗客が日本人だ。
Dscn5102


9時10分、ドイカー島というか、岩礁に群棲する野生のオットセイを見る。
さすがにパフォーマンスはしてくれなかったな。
Dscn5111

Dscn5121

海の色がきれいだ。

9時30分に港へ戻る。お土産店で家族への土産を購入した。
Dscn5127

Dscn5133


■Chapman's Peak Drive チャップマンズ・ピーク・ドライブ
ここは自動車専用の有料道路。全長10km。料金所は一般的なつくりだな。
Dscn5140

Dscn5142

Dscn5141

対岸のハウト・ベイが良く見える。落石が多いとのことで、道路構造にもひと工夫。
Dscn5146

Dscn5154


■Boulders Penguin Colony  ボルダーズ・ビーチ

10時50分に到着。
2,000羽ものペンギン様が生息するこの一帯は、人間の立ち入りは制限されている。
あまり期待していなかったのだが、なかなかどうして!

Dscn5158

Dscn5168

Dscn5170

Dscn5184

Dscn5192

Dscn5189

いやぁ、かわいいもんだ!


■Simon's Town サイモンズ・タウン
1687年、オランダ総督サイモン氏が作った港。
Dscn5195

Dscn5199

昼食のロブスターと白ワインが美味かった。しかし、この地でライスは「野菜」扱いなんだな。
Dscn5194


ここは南アフリカ海軍の軍港でもある。いかにも英国製といった感じのフリゲート艦が停泊していた。
Dscn5196


■Cape of Good Hope喜望峰!

ついに来た! やった!

Dscn5219


何も言うことはない。


■Cape Point ケープ・ポイント

Dscn5231

Dscn5271

Dscn5229

う~ん、人が多いな……。日本に向けてポストカードを投函した。
Dscn5280

Dscn5262


夕食はイタリアン。ビールもイタリア産だった。ガックシ。
南アフリカ産ビールをまだ飲んでいないのに……。

そして、わたしたちの旅は続くのです。

« 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その2 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その4 [男ひとり旅の美学・番外編] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/63640789

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その3 [男ひとり旅の美学・番外編]:

« 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その2 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 2016年4月 南部アフリカ諸国の旅 その4 [男ひとり旅の美学・番外編] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ