« セシル・ローズと南アフリカ 鈴木正四 [読書記] | トップページ | 2016年5月 小樽運河と余市蒸留所 北海道一泊二日 その1 [男ひとり旅の美学] »

2016年6月 5日 (日)

掏摸 中村文則 [読書記]

空き巣グループから独立して東京を活動の場とするプロのスリ師。生死不明の昔の仲間を思い、淫売女とその息子を知る。希望の見えない日々に、とてつもなく大きな悪が接触し……。
人の生まれは、その後の彼の生態を縛り付けるのか。著者の答は是であり、思いは否である。

・「時間には、濃淡があるだろ」(p27)
・「惨めさの中で、世界を笑った連中だ」(p87) 希望のある言葉だ。
・13章、桐田のバッグから携帯電話を盗む描写力に唸らされた(p133)。時間を支配する意識とは、こういうものなのか。

支配する者とされる者。その複合的構造への叛逆こそ、生命力の源泉となる。そんな読後感を抱かせてくれた。
大江健三郎賞を受賞した本書は『土の中の子供』の衝撃こそないものの、間違いなく著者を代表する傑作と言えよう。

掏摸
著者:中村文則、河出書房新社・2013年4月発行
2016年6月3日読了
Dscn6540

« セシル・ローズと南アフリカ 鈴木正四 [読書記] | トップページ | 2016年5月 小樽運河と余市蒸留所 北海道一泊二日 その1 [男ひとり旅の美学] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/63730405

この記事へのトラックバック一覧です: 掏摸 中村文則 [読書記]:

« セシル・ローズと南アフリカ 鈴木正四 [読書記] | トップページ | 2016年5月 小樽運河と余市蒸留所 北海道一泊二日 その1 [男ひとり旅の美学] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ