« 2016年6月 横須賀軍艦めぐりとルノワール的な東京の旅 その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 趣味の遺伝 夏目漱石 [読書記] »

2016年8月15日 (月)

銃 中村文則 [読書記]

『銃』
スリリングな罪と青春の痕跡。背徳感を振り切った人はどのような行動に至るのか、興味深く読み進めることができた。

・拳銃を我が手に収める瞬間、その感情が、抑制された歓喜が伝わってくる(p15)。
・一度でも生き物を撃つと、人はどうバランスを崩すのか。p106以降の「変遷」は不気味でもある。
・そして力の行使は正当化される。「自分の存在を揺るがすような、密度の濃い、恐怖」(p168)

あっても良かったはずの、違う未来(p176) を思うとき、すでに違う種類の人間へと変遷した現実を、主人公が意識することはない。
持て余す力に、逆に使役される悲劇がここにある。

『火』
幼少の火、絶望の十代、破綻した結婚生活、その後の残り火のような人生。
自らの存在を肯定できない生き方。しかし、その確かな存在と悲しさを、淡々と語る女性の、次の選択は、より深い黒なのだろうか。


著者:中村文則、河出書房新社・2012年7月発行
2016年8月13日読了

Dscn9280

« 2016年6月 横須賀軍艦めぐりとルノワール的な東京の旅 その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 趣味の遺伝 夏目漱石 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/64065027

この記事へのトラックバック一覧です: 銃 中村文則 [読書記]:

« 2016年6月 横須賀軍艦めぐりとルノワール的な東京の旅 その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 趣味の遺伝 夏目漱石 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ