« 蒲團・一兵卒 田山花袋 [読書記] | トップページ | 藤田嗣治 本のしごと 林洋子[読書記] »

2016年9月17日 (土)

トーマス・クックの旅 本城靖久 [読書記]

1841年、トーマス・クック自身の属する禁酒協会メンバーのための日帰り割引鉄道旅行からはじまり、スコットランド、1951年ロンドン万博ツアー、下層中産階級・上層労働者を対象とするパリ万博ツアーへと、その企画は拡大する。欧州大陸、中東、エジプト、果ては富裕層を対象とする世界一周旅行まで手掛ける。
その実績は積み重ねられ、特にインドでの旅行といえば「大英帝国の代理店」トーマスックック社を利用するのがデファクト・スタンダートとまでなる。
(インド・ニューデリー空港のクック社の両替所では良い思いをしなかったが。)

トーマス・クックの編み出した新機軸の数々。
・複数の鉄道会社を利用する団体旅行とオプショナル・ツアー(p33)
・団体旅行のためのガイドブック編纂と発行(p34)
・団体旅行のための積立金(p60 博覧会クラブ)
・イギリス発の旅行雑誌(p64 The Excursionist)
・世界初の修学旅行(p74)
・夜行列車による貸し切りツアー(p74 Moonlight Trip)
・パリへのパック旅行(p88 ロンドンからエディンバラ行きより、パリ行きの方が安価だったとは!)。これにはイギリス人が欧州旅行に旅券を必要としなかった(p124)特権的地位が有効に作用したのはもちろんか。
・エジプト、パレスティナへの100人単位での団体旅行(p138)
・上層中流階級をターゲットにしたホテル・クーポン(p163)

注目したいのはトーマス・クックの信念ともいえる「公共性への奉仕」だ。すなわち、安価な団体旅行による文化的・歴史的遺産や自然へ触れる教育的価値、遠隔地の人々との交流と、世界平和への貢献(p76,115)。
この信念が、ビジネス最優先の後継者=実の息子との確執を生み出したとなれば、哀しいものがあるが、

・ラホールでラドヤード・キップリングの知己を得ていたとは個人的に嬉しい限り(p218)。

・有名曲「フニクリ・フニクラ」がトーマス・クック社の依頼によるナポリ・ベスビアス火山ケーブルカーのテーマソングだったとは(p229)。

貧しい身からイギリス最大級の企業を育て上げたクック。アメリカン・ドリームならぬ「セルフ・ヘルプ」の精神は、われわれを奮い立たせてくれる。生きている限り、僕も人に喜ばれる仕事をしようと思う。

トーマス・クックの旅 近代ツーリズムの誕生
著者:本城靖久、講談社・1996年6月発行
2016年9月17日再読了

Dscn9441

« 蒲團・一兵卒 田山花袋 [読書記] | トップページ | 藤田嗣治 本のしごと 林洋子[読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/64216562

この記事へのトラックバック一覧です: トーマス・クックの旅 本城靖久 [読書記]:

« 蒲團・一兵卒 田山花袋 [読書記] | トップページ | 藤田嗣治 本のしごと 林洋子[読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ