« 藤田嗣治 本のしごと 林洋子[読書記] | トップページ | 愛車BMW E46 320iとの惜別の夕暮れ »

2016年9月25日 (日)

漱石とホームズのロンドン 多胡吉郎 [読書記]

ホームズといえばヴィクトリア時代が思い浮かぶが、『帰還』シリーズでは20世紀初頭を舞台に活躍する探偵の姿も描かれる。すなわち、漱石ロンドン留学の時代である。本書は、世紀の狭間に同時代のロンドンを生きたホームズ(ドイル)と漱石を、ロンドンの地理的条件と当時の社会情勢-ボーア戦争と日露戦争-に着目しつつ、その足跡を辿る。

・自転車ブーム、電気灯、新しい女性像。時代精神のモダニズム(p58)はホームズ物語と漱石の日記にも活き活きと描かれる。日英同盟締結と日本ブームも嬉しい限り(p72)。

・漱石の第二の下宿の存在したカンバーウェルの街、すなわち新旧入り混じった川南の迷宮世界の様子を、漱石の作品・日記とドイルの手による「四つの署名」を絡めて探り出す手腕は素晴らしい(p159)。

・漱石の留学したのはボーア戦争中のロンドン。その情景が大作家の作品に影響を及ぼさないはずがない。『趣味の遺伝』『吾輩は猫である』『三四郎』には日露戦争についての漱石の見解が存分に現れるが、国家主義に踊らされない個人主義を大切にする姿勢は、時代を超えて重要だと思う。

ふたりの異才。「その魂の響き合いが、百年の歳月を超えて、今なおロンドンには谺する」(p229)とある。漱石没後100年の現在、20世紀初頭と21世紀の邂逅を想うのも悪くない。

漱石とホームズのロンドン 文豪と名探偵 百年の物語
著者:多胡吉郎、現代書館・2016年7月発行
2016年9月25日読了

Dscn9445

« 藤田嗣治 本のしごと 林洋子[読書記] | トップページ | 愛車BMW E46 320iとの惜別の夕暮れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/64256333

この記事へのトラックバック一覧です: 漱石とホームズのロンドン 多胡吉郎 [読書記]:

« 藤田嗣治 本のしごと 林洋子[読書記] | トップページ | 愛車BMW E46 320iとの惜別の夕暮れ »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ