« ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン [読書記] | トップページ | エアー2.0 榎本憲男 [読書記] »

2016年11月 5日 (土)

千駄木の漱石 森まゆみ [読書記]

明治37年――1904年、日露戦争の時代――本郷区駒込千駄木町の界隈に住まう人士の多彩なエピソードを愉しめる。

・夏目家の内情が面白い。アッパーミドルでありながら金策に労苦を費やした理由、書物・学問優先の夫婦関係、ノイローゼによる暴力、宅地裏手の学校への燦々たる思い(「猫」のエピソードを生んだ)、等々。

・「猫」が売れたためか、舞台とした千駄木に腰を据えて住む気になったのが面白い(p204)

・「余は余一人で行く所まで行って、行き尽いた所で斃れるのみである」(p313)ロンドンで培われたこの精神があってこその漱石だと思う。

文庫版オリジナル「千駄木以降の漱石」は、透明な諦観に満ちた人間社会に触れる件が良い(p330)。
英語教師から国民的作家"漱石"の誕生へ。その時代の空気感を存分に味わえる一冊である。


千駄木の漱石
著者:森まゆみ、筑摩書房・2016年6月発行
2016年7月20日読了
Dscn6806

« ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン [読書記] | トップページ | エアー2.0 榎本憲男 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/64448810

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木の漱石 森まゆみ [読書記]:

« ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン [読書記] | トップページ | エアー2.0 榎本憲男 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ