« 2016年8月 ポーランドの旅 その7 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 帝国日本の生活空間 ジョルダン・サンド [読書記] »

2016年12月22日 (木)

幻影たちの哀哭 直原冬明 [読書記]

MI作戦。ハワイ米海軍を抑える戦略拠点を奪取する作戦が、アメリカ軍に漏れているという。元潜水艦乗員の亀島兵曹は、突如、軍令部へのありえない転属を命じられ…………。
潮田、ギルバート、そして「エゴイスト」。前作で活躍(暗躍?)した人物だけでなく、電気○○○○の登場は嬉しいシチュエーションだ。

謎が謎を呼び、一気に解き明かされるタイプではない。ミステリーではなく、スパイ・サスペンスとして楽しむのが正解だろう。

「幻影」には、やられた。

p229からの謎開かしは唐突すぎて、これはいただけないな。
p242以降のタイトルの意味が明かされる段になると、武人たちの無念さが痛いほど伝わってきた。
終章は長すぎて、少し興ざめ。ここはカッチリまとめて欲しかった。

あと、表紙画の見た目麗しき帝都のモダン・ガールに期待大だったが、その正体には苦笑させられた。

いろいろ書きましたが、次回作も楽しみです。

幻影たちの哀哭
著者:直原冬明、光文社・2016年11月発行
2016年12月22日読了

Dscn9567

« 2016年8月 ポーランドの旅 その7 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 帝国日本の生活空間 ジョルダン・サンド [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/64659977

この記事へのトラックバック一覧です: 幻影たちの哀哭 直原冬明 [読書記]:

« 2016年8月 ポーランドの旅 その7 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 帝国日本の生活空間 ジョルダン・サンド [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ