« ギャスケル短篇集 [読書記] | トップページ | サロメ 原田マハ [読書記] »

2017年3月 5日 (日)

ロンドン散策 フロラ・トリスタン [読書記]

1839年のロンドンを活写するフィールドワークと民衆思想の成果がここにある。
「人間の生命が金と引き換えられているのだ」(p112)として、著者が奴隷制よりも過酷だと述べる工場労働の現場、貧民街、売春宿、悪と不幸が混同される監獄、国会、チャーティスト集会などを渡り歩くのは、画家ゴーギャンの祖母にして訪英4回目のフローラ・トリスタンである。
フランス人の視点から多少のバイアスがかかっているとはいえ、基本的人権すら踏みにじられた下層階級の悲惨な姿、特に女性のそれが黒く、赤くあぶり出される。

・チャーティスト運動への共感を示し、共産党が存在しない時代に税の平等、平等な市民権、政治的権利を要求し、「所有は強奪してしまえばそれで正当化できる」とする貴族階級とトーリー、ブルジョアを支持するホイッグを非難する(p85)。特権的地方公務員を含む政治権力が独占的利益と高給、高額な年金、閑職を享楽する姿は、現代日本でも変わらない。

・ビッグベンを擁する国会議事堂は女人禁制。憤慨したフローラはトルコ外交団の協力を得て(p94)、男装して傍聴席へ歩を進めるが、下院ではあからさまな罵詈雑言を吐かれて非難され、上院では冷ややかな軽蔑の眼差しにさらされる。よって彼女の国会描写は、ウェリントン公爵の演説の講評を含めて、実に辛辣である。

・「イギリス的唯物主義がその神のために建てた寺院」(p121)とは、何のことか? ロンドンを訪れた外国人がみな一様に驚く、公然と整備された豪華な売春宿のことである。社会観察家として、フローラ・トリスタンは二人の護衛をつけて夜のロンドンを歩く。下層階級の醜態が繰り広げられるウォータールー(ワーテルロー)通りだけではない。上流人士の集まるそこは、著者に際立つ嫌悪感を、読んだ僕に怒りすら覚えさせる醜悪な光景が繰り広げられるのだ。絶世の美女がドレスを泥だらけにして地面に這いつくばり、酒をかけられ給仕に蹴られ…(p122,p346)。その遠因として、財産の使用権も相続権が男に集中するとともに、貞操観念のダブルスタンダートが横溢する状況を著者は告発する(p116)。しかし結婚のことを奴隷化とは言いすぎかと(p117)。

・宗教に関する著者の見解は興味深い。「狂信的でも盲目的でもない人間」(p158)にとって、宗教的な教えはただ外面を変えるだけであり、ヨーロッパの民衆にとって、宗教はもはや一種のアクセサリーにすぎず、社会機構は宗教内で機能している(p160)とし、死刑囚の刑の執行に付き添う司祭や牧師の無用性を説く(p157)。

・「どんなに錯乱した想像力が見る夢も、このすさまじい現実の醜悪さには、とても及ばないだろう」(p183)とは、アイルランド移民の多く住むセント=ジャイルズ地区の描写である。犬とジャガイモの皮を奪い合う貧しさ。イギリス人が恥じて案内を拒む場所。著者は「自分に課した責務にふさわしいエネルギー」がこみ上げてくるのを感じながら、貧しいこの地と、ユダヤ人地区、盗品のスカーフを売る通りに入り込む。

・1833年にイギリスが奴隷貿易廃止法を成立させた理由は人道的なものか。否、と著者は強調する。ヨーロッパ市場でインド生産物の有利な状況を確保するために、西インド諸島の生産量を抑制すべく、奴隷売買は禁止されたのだ。そして解放された黒人奴隷に私有権はなく、納税義務と搾取的労働を強いられていると(p187)。歴史を表面的に見てはいけないってことか。

・ナポレオンをアンチ・ヒーロー=専制君主の権化と捉え、ワーテルローの戦いを民衆革命の側から捉えなおした14章は面白い。すなわち、決してフランスの敗北ではなく自由の勝利であり、民主主義を真の意味で前進させたターニング・ポイントであるとフローラは説く。

バルガス=リョサ『楽園への道』(池澤夏樹=個人編集 世界文学全集)を読んで、フローラ・トリスタンの存在を知った。マルクスと同時代に生きて別ルートから社会主義の意義を深く追究するとともに、性差の解消を強く主張した彼女の功績は、もっと知られて良いだろう。

あと、当時のフランス人の特性からか、イギリス的なものごとに対する辛辣な批判が随所にみられるが、これらは割り引いて理解するべきだろうと思う。

Promenades dans Londres ou L'aristocratie et les proletaires angles
ロンドン散策 イギリスの貴族階級とプロレタリア
著者:Flora Trintan、小杉隆芳/浜本正文(訳)、法政大学出版局・1987年3月発行
2017年3月5日読了

Dscn3731

« ギャスケル短篇集 [読書記] | トップページ | サロメ 原田マハ [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/64974759

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン散策 フロラ・トリスタン [読書記]:

« ギャスケル短篇集 [読書記] | トップページ | サロメ 原田マハ [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ