« 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その5 [男ひとり旅の美学] »

2017年5月14日 (日)

2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その4 [男ひとり旅の美学]

Dscn0502

エリザベス・タワー(ビッグ・ベン)と国会議事堂


2017年5月2日(火) 晴のち曇り

8時15分起床。街中のホテルはやはり周りがうるさく、なかなか寝付けなかった。
朝食はチキンサンドとBLTサンドとジュースとホットコーヒー。これで十分だ。

9時25分出発。おや、ジブラルタルと違って寒いぞ。いったんホテルの部屋へ戻り、ジャケットを羽織って再出発。

■Trafalgar Square トラファルガー広場

僕は、ここがロンドンの中心だと勝手に思っている。ネルソン提督のトラファルガー海戦勝利記念柱と、チャールズⅠ世の像が印象的。その奥にナショナルギャラリー。ダブルデッカー(二階建てバス)はひっきりなしにやって来る。
Dscn0588

Dscn0591

この高みから、英雄ネルソン提督は何を想う?
Dscn0478


■White Hall ホワイト・ホール

官庁街。このみすぼらしい建物がダウニング街10番地の首相官邸。
Dscn0485


日本国のように省庁の大仰な看板はなく、片隅に「○○省」と彫り込まれているだけ。
Dscn0482

Dscn0483

Dscn0484


■House of Parliament エリザベス・タワー(ビッグ・ベン)と国会議事堂

ああ、ロンドンで最も好きな光景だ。ビッグ・ベンが朝の陽光に照らされて綺麗だ。
Dscn0491

Dscn0498

ロンドンタクシーのかたちが好きです。ロンドン・アイとロンドン水族館を背景に。
Dscn0501


国会議事堂の内部を見学できる日は限られている。この日はダメだった。
Dscn0510

ウェストミンスター橋と茶色に濁ったテームズ川。
Dscn0515


■Tate Britain テート・ブリテン

ここは2010年3月に訪問して以来となる。
Dscn0520

Dscn0521

この絵画を観に来たんです。
夏目漱石の『三四郎』に出てくるJohn Everett Millaisの『Ophellia オフィーリア』(1852年)。
Dscn0535

Dscn0549


個人的にはこの絵に心惹かれた。
John Everett Millais『Mariana』(1851年)。
Dscn0551

Dscn0554

エクスチェンジ前の花売りか。
Dscn0527


他にもお気に入りを何枚か。というか有名どころだな。
Dscn0530

Dscn0532

Dscn0538


タクシーでホース・ガーズへ向かう。8GBP。

■Horse Guards ホース・ガーズ 近衛騎兵隊の交替式

近衛騎兵隊は、赤い軍服のライフ・ガーズと青い軍服のブルー&ロイヤルの2種類から編成され、毎朝11時に任務交替式が行われる。せっかくなので観ることにした。

11時と11時30分に交替式。バッキンガム宮殿の衛兵交替式のように、もっと派手かと思っていた。こんなもんか。
Dscn0555

Dscn0561

Dscn0566

Dscn0568


今夜の劇場の下見を兼ねてウエスト・エンドをうろうろ。
12時にCaffe' Concertoで昼食。
ラムシャンクとビールとケーキとカフェ・ラテ。実に美味だったが38.2GBPも請求された。
Dscn0593

Dscn0594


コベントガーデンでは、特に買いたい物はなかった。2010年には古雑誌の掘り出し物を買えたのになぁ。
Dscn0746


まだお散歩の途中ですが、続きます。

« 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その5 [男ひとり旅の美学] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/65266474

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その4 [男ひとり旅の美学]:

« 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その3 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その5 [男ひとり旅の美学] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ