« 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その2 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その4 [男ひとり旅の美学] »

2017年5月13日 (土)

2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その3 [男ひとり旅の美学]

Dscn0307

THE ROCK OF GIBRALTAR


2017年5月1日(月) 晴、今日はメーデーか
7時35分起床、晴れて良かった。
Dscn0273_2


朝食はまた腹八分目を守れず、反省。
Dscn0276

Dscn0275

9時20分にホテルをチェックアウト。荷物を預けてジブタルタル最後の観光に出発。

ケーブルカーは9時30分からの運転だが、5分前で30人の行列だ。バスツアーの売り込みが喧しい。これを除けば、リゾート地らしく静かで気持ちの良い朝だ。


■ザ・ロックに登る!

9時35分に開場。チケットはケーブルカー往復とネーチャーリザーブを含む22GBPのものを選択した。が、復路ケーブルカーの代金が無駄になることを後で知る。
トータルで考えると、ツアーに参加する方が良かったのかもしれない。

15人くらいケーブルカーに乗り込み、いざ、頂上へ。
Dscn0277

Dscn0278

Dscn0282

Dscn0287

面白い船が見える。何かの実験船かな?
Dscn0289

まずは北側の展望台から、ジブラルタルの街を見下ろす。
Dscn0290


そして、ザ・ロック!
Dscn0291_2


頂上はこんな感じ。
Dscn0305


東側、朝日に輝く地中海
Dscn0308_3


眼下の空港には着陸したばかりの民間航空機も見える。
Dscn0300


この人間ばかりの展望台に、猿がやってきた。
Dscn0319


そう、ここ、ザ・ロック=ターリク山は、実はイギリス軍に保護された猿たちの楽園でもあるのです。
Dscn0321

Dscn0322

Dscn0325


ST.MICHAEL'S ROADを南へ歩く。
3匹の子猿が走り回り、キーキーとじゃれあっていた。かわいいもんだ。
Dscn0332

Dscn0336


きちんとお座り。
Dscn0346

で、この急峻な岩山は、現役のイギリス軍の要塞でもあります。
Dscn0353

Dscn0360

O'HARA'S BATTERY。海峡を睥睨する旧式の要塞砲(複数ある)は、観光資源と化している。
Dscn0372

Dscn0363

Dscn0362

Dscn0365

Dscn0380


坂を下ると、ST.MAICHAEL'S CAVEに行き着いた。
カフェでビール(3GBP)を飲み干し、洞窟に入ってみる。
Dscn0383

Dscn0385

Dscn0394

Dscn0396

う~ん。面白くなかった。やっぱり猿の方が良いや。
Dscn0398


次はQUEEN'S ROADをひたすら北上するが、ここは何もなく、ただ歩き疲れる。
Dscn0399


ジブラルタル空港を見下ろす。航空機の離発着の際は、こうやって人も車も待たされるわけだな。
Dscn0400

Dscn0401


ここは軍民両用空港。戦闘機も24時間待機ってわけか
Dscn0406

やっと、THE GREAT SIEGE TUNNELSにたどり着いた……。
Dscn0414

Dscn0415

スペインからこの地を奪取したイギリスが掘削し、1779年に要塞化したとある。
中は大砲でいっぱいだ。
Dscn0418

Dscn0422

Dscn0447

岩山の中だから、天井から水がひたひたと落ちてくる。中は水浸し。
Dscn0453


要塞砲口から覗くと、こんな感じ。スペイン国境、ラ・リネアの街が良く見える。
Dscn0429

中は博物館のようになっている。
Dscn0443

Dscn0423

Dscn0431

Dscn0435

Dscn0450

Dscn0458


ジブラルタル空港の滑走路は1942年に整備されたとある。
Dscn0449


THE GREAT SIEGE TUNNNELSを出る。もう歩けないぞ。。。
WILLIS'S RDを下って街へ向かうことにした。
ケーブルカーの復路分の切符が無駄となった。
Dscn0461


EU旗、ジブラルタル旗、ユニオン・ジャック。この地の位置づけが良く分かる。
Dscn0460


途中、CASTLE RDの階段(これも急)を下り、GOVERNOR'S STに出られた。そのままMAIN STREETへ出る。
Dscn0462


■ジブラルタルの休日
中央広場は土日とうって変わって、大変な賑わいだ。
Dscn0463

Dscn0464


メインストリートもこの通り。ここでフィッシュ&チップスとビールの昼食を摂る(12.5GBP)。
Dscn0465


■ロンドンへ移動です。

ホテルへ戻り、タクシーを呼んでもらう。今度はすぐに来た(14時40分)。
14時50分にジブラルタル空港に到着(12GBP)。
あれ? まだチェックインできないぞ。15時20分から? それはないだろう。
スプライト(3.8GBP)を飲んで時間を潰す。ヒースロー空港もジブラルタル空港も無料Wi-Fiが充実していて良い。

15時25分にチェックイン。
フライトまであと1時間ある。
ジブラルタル旅行の締めは、ジブラルタルビールとドーナツにした。……おかしなチョイスだったか。
Dscn0467


テラスで飛行機を待つ。風が心地良い。これが「ジブラルタルの風」か。

そうこうするうちにBA機が到着した。あぁ、ぼけっとしていて着陸の瞬間を撮影することができなかった。。。
Dscn0472

16時47分、ボーディング。機内はいっぱいだ。17時10分に離陸。
Dscn0473


さて、機内販売、と。水500mlが1.8GBPだと? ひどい値段だな。
ロンドンまでの3時間のフライトはひたすらウォークマンの音楽で過ごした。葉加瀬太郎は良いなぁ。

19時42分、降下開始。イギリス時間18時53分にランディング。
うおぉ、入国審査の行列が長い。19時35分にやっと入国できた。

日本から持参したオイスターカードに10GBPをチャージし、19時58分に地下鉄ピカデリー線に乗車。
休日(メーデー)の夜とあって、大声で騒ぐ酔っ払いが多いぞ。

20時50分、チャリング・クロス駅に到着(運賃3.10GBP)。
21時15分、うろうろしてホテルを探し当て、無事にチェックイン。

この「The Grand at Trafalgar Square」は、すなわち1880年の出版物にも掲載された「The Grand Hotel」であり、前々から宿泊したいと思っていたのだ。
Dscn0474

夕食がまだだった。おや、小雨が降っているぞ。
近くのパブ「シャーロック・ホームズ」に出向くと「キッチンはclosed」とのことで、ビール1パイント(3.5GBP)を注文。ホテルからほど近いこのパブには、毎晩通うようになる。

近くのレストラン「GARFUNKEL'S RESTAURANT」でフィッシュ&チップスとビールを注文。17.5GBPは高いだろう。
Dscn0475


コンビニ(なんでも屋?)で朝食のパンを購入(6.5GBP)し、22時40分にホテルへ戻る。

それにしてもよく歩いて、よくビールを飲んだ一日だった。
「自分の足でザ・ロックを歩く」目的は果たせたが、1km近いQUEEN'S RDの散策は無駄だった。
ザ・ロックに限っては、ツアーがベストだと断言できるな。

で、地中海の入り口を制するこのジブラルタル要塞をイギリスが手放さない理由は何か。冷酷な地政学上の理由によるもの? 帝国意識の残留によるもの? いや、猿がかわいいからに違いない!
……との、現地を歩いての確信を得たところで、続きます。

« 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その2 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その4 [男ひとり旅の美学] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/65266351

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その3 [男ひとり旅の美学]:

« 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その2 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年4月 英領ジブラルタルとモロッコ・タンジェとロンドンの旅 その4 [男ひとり旅の美学] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ