« 英国諜報員アシェンデン サマセット・モーム[読書記] | トップページ | 無差別テロ 金惠京 [読書記] »

2017年8月14日 (月)

英連邦 小川浩之 [読書記]

加盟国数54、総人口20億人の規模を有する英連邦、(ブリティッシュ)コモンウェルス。それはイギリス国王を首長または象徴として受け入れる国家間の自由な連合体であり、「大使」ではなく相互に「高等弁務官」を派遣しあう、相互に「外国ではない存在」。このような、主権国家からなる近代国際体系から逸脱したシステムが、この21世紀においてもイギリスを中心に存在し続けるという事実は、とても興味深い。

・「諸民族の家族の多様性と統一」(p11)植民地会議にルーツを持ち、20世紀初頭の帝国会議から英連邦首相会議を経て、現在の2年おきに開催される英連邦首脳会議へと引き継がれる。当初、それは自由主義・自由貿易や民主主義の価値観を保ちつつ、イギリスにとって「より持続的かつ安価に帝国の一体性を維持していくための手段」として考案され(p28)、白人定住植民地の自治領が形成されることとなる。

・カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと言った白人自治領は、イギリスのパートナーとしての自覚を持ち、帝国の強化・拡大に貢献する(p31)。それは本国よりも厳しい人種差別的な制度を有するものであった(白豪主義 p41)。

・第一次世界大戦は、自治領全体で100万人を超える兵員の供給、イギリスへの食料供給等を通じ、イギリスとのパートナーシップを強化するだけでなく、自治領の独立を促進し、国際的役割を増進させた。ヴェルサイユ条約の発効によって発足した国際連盟にはイギリスだけでなく、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの各自治領が、英領インド帝国とともに、原加盟国として加わった(p62)。このとき、帝国の内部だけでなく「世界においても独立である」と表現した南アフリカのスマッツ将軍が、「英連邦」の表現を用いたとされる(p62)。そのスマッツ将軍の像が、マンデラ元大統領とともにロンドンのパーラメント・スクエアに立ち、広場と街を睥睨している(p229)。

・カナダ自治領政府がワシントン(1926年)、パリ(1928年)に続き1929年に東京に公使館を開設たことは興味深い。すでにオタワに日本大使館(1928年)が開設されており、イギリス本国とは別に自治領政府と外交関係を樹立したことになる(p68)

・バルフォア報告書(1926年帝国会議)とウェストミンスター憲章(1931年)にて「王冠への共通の忠誠」「内政・対外政策両面での相互平等性」が確認され、イギリス本国と六つの自治領の対等な地位が法的に承認された(p71、74)。

・ナチス・ドイツに対する悪名高いイギリスの宥和政策。その背景に、イギリス本国の財政難と軍備拡充の遅れ、市民の平和志向、孤立主義を取るアメリカへの不信感に加え、帝国と英連邦を重視する伝統的な戦略思考があったとされる(p92)。日独伊が直接、イギリスの権益を脅さない限り、大規模戦争を回避する、と。なるほど、一国ではなく帝国ブロックで考えると、その「無行動」にも納得できるものがあるな。そして「対日戦争」はその捕虜問題(p110)が根深く尾を引き、戦後、特にオーストラリアとの厳しい関係が続くことになる。

・レスター・ピアソン氏。カナダの外相と首相を務めたこの人物は、国際連合・PKOの分野で名高いが、戦後の英連邦の運営においても特筆すべき実績を残していたとは知らなかった(p125インド共和国の英連邦残留問題、p165スエズ戦争からの撤退)。傑出した人物が世界システムを支える、その実例だな。

・帝国記念日=英連邦記念日が、1977年まで5月24日、すなわちヴィクトリア女王の誕生日に定められ、加盟国各地で記念行事が催されていたことは興味深い(p178、現在は3月の第二月曜日)。

・1965年には英連邦事務局が設立され、英連邦各地出身のSecretary-General事務局長も就任する(p199)。ローデシア問題、ベトナム戦争、スエズ以東からの英軍撤退、南アフリカ問題、インド-パキスタン戦争とバングラディシュ独立、グローバリズムの深化、途上国の経済・社会問題などに当たる英連邦の姿は、まるで活性化したUnited Nations国際連合のようであり、その役割の重複と違いが気になる。

国連他の国際機関と比べた英連邦の特徴も、本書に提示されている。すなわち、歴史や文化、言語、そのほかの様々な法的・社会的制度の共有を背景に相互の協力を推進しようとする、その姿である(p251)。
「白人の植民地帝国を人種の英連邦へと変化させる過程」について、「人類の歴史上、これ以上に崇高な変化は記録されていない」と、英労働党は1964年総選挙のマニフェストに提示した。
ときに機能不全に陥る無力な国連などと異なり、英連邦は国際的な存在感の低下を露呈しつつも、その影響力を駆使してきた。それはイギリスの大国意識と、欧州に限定されない世界的な関与への志向を支え続けている(p259)。この、旧日本帝國との大きな差異には、羨望を禁じ得ない。

英連邦 王冠への忠誠と自由な連合
著者:小川浩之、中央公論新社・2012年7月発行
2017年8月13日読了

Dscn9556

« 英国諜報員アシェンデン サマセット・モーム[読書記] | トップページ | 無差別テロ 金惠京 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/65664417

この記事へのトラックバック一覧です: 英連邦 小川浩之 [読書記]:

« 英国諜報員アシェンデン サマセット・モーム[読書記] | トップページ | 無差別テロ 金惠京 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ