« 2017年10月 金沢と和倉温泉の旅 その1 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 流 東山彰良 [読書記] »

2017年10月17日 (火)

2017年10月 金沢と和倉温泉の旅 その2 [男ひとり旅の美学・番外編]

Dscn2422_2

・特別名勝、兼六園


■2017年10月9日(月) 金沢へ戻ります。

6時起床、晴れ
加賀屋 雪月花・特別階「浜離宮」の朝食はシンプルだが、どれも美味。満足度高し。

18階のスカイラウンジ「雪月花倶楽部」でコーヒーを馳走になります。

お土産の追加を購い、チェックアウト。加賀屋、また泊まりたいです。
Dscn2364


8時15分発の宿のバスでJR和倉温泉駅へ。8時41分に特急能登かがり火4号はスムーズに出発。
Dscn2378

(隣に並ぶは「のと里山里海」号らしい。)


9時44分、無事に金沢へ到着。コインロッカー(今度は駅構内のものを確保できた)に荷物を預け、昨日と同じ金沢駅東口7番バス乗り場より「城下まち金沢周遊バス」、今度は右回り(RL)に乗車。「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」でフリ-パスです。

10時15分、乗車時間10分程度で「ひがし・主計町茶屋街」に到着です。


■金沢 ひがし茶屋街

バス停から東へ向かい、それっぽい角を曲がると、あの有名な光景が現われる。
Dscn2385


公家の京都に対して武家の金沢だから、何か特徴があるかと思ったが、デジャブー。京都に何度も通っていると、いまひとつ新鮮味に欠けるというのが素直な感想。
そんな失礼な思いを抱きつつ、懐華樓(カイカロウ)へ入る。ここも「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」でフリ-だ。
Dscn2404


パンフレットによると築195年、金沢で最も大きな茶屋建築だそうで、室内はとても雅だ。
Dscn2388

Dscn2389

Dscn2395

Dscn2396

Dscn2403


金箔の茶室!
Dscn2400

Dscn2401


ここは良かったぞ!

11時4分、「城下まち金沢周遊バス」(RL)に乗車し、6分後に「兼六園下・金沢城」前で下車。
右手に金沢城が見える。


■特別名勝・兼六園

土産物屋の連なる紺屋坂を上り、桂坂口より入場。「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」でフリ-だ。
Dscn2416


・ことじ灯籠
兼六園に来たからにはこれを見ないと。
Dscn2420



唐崎松、雁行橋を見る。
Dscn2423

Dscn2430


眺望はまぁまぁ。
Dscn2424


それより、松が見事。
Dscn2426


霞ヶ池を廻り、内橋亭を経る。
Dscn2432

Dscn2435


夕顔亭、瓢池。
Dscn2437

Dscn2440


蓮池門口より兼六園有料エリアを抜ける。

もう12時だ。昼食は……一番手前の食堂「城山邸」で良いかも。
ここの「治部煮そば」は当たり! まろやかなとろみとジューシーな鶏肉のハーモニーが絶品です。
Dscn2441


■金沢城

兼六園を出て、隣接する金沢城、石川門口へ。
ああ、どこかに数種類の石垣と書かれていたが、本当だな。
Dscn2442

Dscn2443

Dscn2446

で、このお城、昔から天守閣はなく、二の丸の館が居城だったのか。知らなかった。
石川門の内部へ入ってみる。
Dscn2451


天空は晴れ。三の丸広場を横切り、橋爪橋を渡ると、みごとな橋爪門だ。
Dscn2449

Dscn2454

Dscn2458


五十間長屋へ入る。
Dscn2463

Dscn2465

橋爪橋を見下ろす。
Dscn2464


よくぞ、こんな城を作ったものです……。
Dscn2467

Dscn2466


■金沢21世紀美術館

さて、ここからは歩いてお堀通りを10分ばかり南下し、金沢21世紀美術館にやってきました。

エントランスには、何々? 「レセプション関係者は右、一般者は左へ」
素直に左へ並びます。それにしても黒いスーツの男の多いこと。そして、入場制限……。

なんと、デンマーク皇太子ご夫妻がご来場中とのこと。
ロビーには「デンマーク王国皇太子同妃両殿下 歓迎レセプション」と書かれ、報道カメラマンがごったがえしている。

入場チケットを購入(\1,000円)し、待つこと約15分、ついに「デンマーク王国皇太子同妃両殿下」が現われた。
Dscn2474

Dscn2476


それはそれで良いのだが、お二人の入場の関係上、あの「スイミング・プール」には入場できないとのこと。ガックシ。

で、第一展示室から順に見ていく。現代美術はわからないのだが……。

おおっ、いまから「スイミング・プール」の地下に入場できるとのこと!
Dscn2479

Dscn2484


不思議な空間だなぁ。

デンマーク皇太子の演説をしばし聞き入る。
Dscn2486


14時55分、「城下まち金沢周遊バス」(RL)に乗車し、15時10分に金沢駅へ到着。
お弁当と地ビール、お土産を購入。

16時29分、特急サンダーバード36号は出発。さようなら、金沢。
外は暗い。残念ながら琵琶湖は見えないや。
お弁当「北陸浪漫」は実に美味。百万石ビールは、微妙な味……。
Dscn2488

Dsc_2606


19時16分、新大阪駅に到着。新快速で家路へ。

最後まで拙文にお付き合いくださり、ありがとうございました。

« 2017年10月 金沢と和倉温泉の旅 その1 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 流 東山彰良 [読書記] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/65921964

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年10月 金沢と和倉温泉の旅 その2 [男ひとり旅の美学・番外編]:

« 2017年10月 金沢と和倉温泉の旅 その1 [男ひとり旅の美学・番外編] | トップページ | 流 東山彰良 [読書記] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ