« 2017年9月 大連と旅順の旅 その1 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年9月 大連と旅順の旅 その3 [男ひとり旅の美学] »

2017年10月 4日 (水)

2017年9月 大連と旅順の旅 その2 [男ひとり旅の美学]

Dscn2063
・水師営会見所


■2017年9月17日(日) 旅順へ

朝食はホテルのバイキングで。みんなよく食べる(ような)ので、負けてはいられない。
Dscn1955


個人で旅順へ行けないこともないが、公共交通機関を使って廻るのは非効率すぎる。しかも日本人スパイとあらぬ嫌疑をかけられるなど、リスクが高い。よって現地ツアーを事前に申し込んでおいた。

・旅順一日観光コース
 http://www.dlachikochi.com/view.php?id=1015

9時、ホテルのロビーで日本語ガイドのTさんと落ち合う。ドライバーのCさんは日本語も英語もダメのようだ。
想像通り、ツアー代金の先払いを求めてきたが、きっぱりと断った。
快晴の中、旅順へ出発。先にコーヒー代50元×2を渡しておいた。この辺りのチップは重要だ。

車中で旅順の蘊蓄を聞かせてもらった。
・旅順の人口は26万人。
・終戦時の日本人人口は10万人
・冬の気温は-8℃、夏は14℃。
・高新区(工業団地)には日系合弁企業も多い。パナソニック、富士電機等
・自家用車の急増に伴い、12系統あったトラム=路面電車は2系統に激減した。
・9月、10月の大安の日曜は結婚式が多い
  これは、中山広場で何組もの結婚式を挙げたと思われるカップル(ウェディングドレス姿)を見かけたため。納得。
・10月1日から1週間は国慶節であり、国内旅行、国際旅行に向け中国人旅行客の大移動が始まる。
・4月下旬より桜、5月末ごろよりアカシア、6月はさくらんぼが花開く。
・地元のビールはガグンビールだ。
・大連~旅順間の鉄道は通勤用に運行されていたが、廃止となった。

10時5分、東鳩冠山へ到着。

■東鳩冠山北堡塁

1900年より設営されたロシア軍トーチカ要塞。ここを落とさないと、旅順港のロシア海軍を攻撃できないということで、数万人の死傷者を出した日露戦争の激戦地。
この地域を天から見ると鳩の形をしているので、東鳩冠山と称するそうな。
Dscn1958

Dscn1959

Dscn1960


「旅順口区国防教育基地」って、日本のことを悪しざまに書いた展示室のことだった。
Dscn1961

Dscn1962

Dscn1963

日清戦争は日本軍の侵略、日露戦争は日本軍による北朝鮮・中国への侵略らしい。初めて知りましたぞ。
Dscn1973

Dscn1974

Dscn1978

Dscn1981


盧溝橋事件のことは「九一八事変」と呼ぶらしい。
Dscn1982


終戦は、中国軍の圧倒的勝利?
Dscn1986

Dscn1990


で、たっぷり洗脳教育された後で、ロシア軍トーチカを巡ることになる。
Dscn1993

Dscn1998

Dscn2005

Dscn2019


この後もそうだが、日本統治・日露戦争の跡がことごとく「中国々民高揚」「日本落とし」に利用されているのを知ると、憤慨やるかたないな。

■旅順日露刑務所跡

ロシアが設営し、日本が運営を引き継いだ政治犯の刑務所。
ここは完全に中国人・朝鮮人向けの観光施設。説明文も英中韓のみ。
特別展は「日本軍を叩きのめした八路軍」だし、日本人の行く所ではなかった。
Dscn2022

Dscn2045

こんなところにまで共産党のスローガンが。
Dscn2026


伊藤博文を殺害した朝鮮人テロリスト、安某が英雄として立派に祀られていた。
ガイド氏に「安某を知っているか?」と問われ「テロリスト」だと答えると、複雑な表情をしていたな。
Dscn2030


内部はモロに刑務所。
Dscn2028

Dscn2036

Dscn2038

Dscn2039

Dscn2040


処刑場。テロリスト、安某もここで生涯を終えた。
Dscn2046


日露戦争にまつわる品々も展示されていた。蒸気自動車なんて珍しいな。
Dscn2052

Dscn2053

Dscn2047

水雷ってこんなかたちだったんだな。
Dscn2048


乃木希典将軍の碑銘がこんなところに。
Dscn2056

Dscn2057

Dscn2058


■旅順田舎料理

水師営会見所のすぐ前にある食堂で昼食を摂ることに。

なんて呼ぶのか忘れたが、野菜と味噌をとうもろこしの生地で包んでたべるアレは美味でした。
Dscn2060

Dscn2061


■水師営会見所

12時30分頃より、水師営会見所に入場。ここは専任のガイドが担当するようで、若くてきれいな女性だったのが嬉しかった。
Dscn2070


なんと、日本統治時代の満鉄グッズが無造作に置かれ、すべて販売されているとな?
からくり時計は80万円……。
満鉄一般社員に配布された懐中時計と、満鉄幹部に渡されたガラス製のルビーの置時計、それに切子グラスを、値切って、値切って、1,800元(3万円)で購入した。
Dscn2210

なんで販売しているのか? 中国人は支配者であった満鉄のグッズに興味がないとのことで、もっぱら日本人観光客に買ってもらっているとのこと。

本当は会見場の撮影は禁止されているが、満鉄グッズを買ったということで特別に撮影させてもらった。奥に乃木希典将軍が座ったそうな。
Dscn2063_2

12時55分にここを出る。


■二〇三高地 日露戦争最大の激戦地、そして慰霊の地

13時に到着。
Dscn2104

Dscn2072

Dscn2077


山頂までは歩くこと15分。以前はバスが運行されていたが廃止されたらしい。タクシーも入れない。年配の方々にはキツイだろうな。
Dscn2075


東鳩冠山からの砲撃では効果がなく、より旅順港に近いこの地から艦隊に向けて砲撃するため、占領の必要に迫られた。
ガイド氏によると、ここを含めて日露戦争の死者は日本軍4万人、ロシア軍6.6万人に上るそうな。南無。

爾霊山(にれいさん)記念碑
Dscn2081

何々? 日本軍国主義による対外侵略の罪の証拠と恥の柱となった?
Dscn2078


ここは戦死した日露の兵士の慰霊のための地だ。軍国主義的共産主義国家が勝手なことを書いてくれるな!
Dscn2084


なるほど、旅順港が良く見渡せる。艦隊にとっては急所だな。
Dscn2096

乃木将軍の息子の慰霊碑もあった。こんな山中で戦死したのか。
Dscn2101

Dscn2102

13時45分に再出発。これから旅順旧市街へ向かう。

旅の途中ですが、続きます。

« 2017年9月 大連と旅順の旅 その1 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年9月 大連と旅順の旅 その3 [男ひとり旅の美学] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134563/65869734

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年9月 大連と旅順の旅 その2 [男ひとり旅の美学]:

« 2017年9月 大連と旅順の旅 その1 [男ひとり旅の美学] | トップページ | 2017年9月 大連と旅順の旅 その3 [男ひとり旅の美学] »

フォト

他のアカウント

おすすめ本

見て下さいね!

  • BMW Japan
    愛車の2001年式E46 320i Mスポーツは快調ですが、E90 3シリーズクーペも魅力的です! 335i、誰か買ってくれないかな~~
  • United Nations Peacekeeping
    現代のアメリカ帝国の一方的かつ傲慢な「強者の論理」がまかり通る世の中ですが、国連経済社会理事会はまだまだ機能しています。そしてPKOの理念もまた!
  • 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版
    日本に存在しないものの一つが「クオリティ・ペーパー」だ。この大陸欧州(コンチネンタル)の知性が、日本語で堪能できるのです! インターネッット様々ですね。
  • BBC NEWS | News Front Page
    英連邦の残滓は資産でもあります。日本のメディアにほとんど現れることのないアフリカ、南アジアの記事が豊富です。
無料ブログはココログ